\毎日更新中のnoteはこちら/

2つアプリで最強!効率的なリマインダーの使い方【自分オート化】

困ってる人
リマインド機能を使いこなしたいけど、なんだかうまくいかない・・・
だっぴー
こんばんわ、だっぴー(@duppyclub)です。
リマインド機能って便利ですけど難しい感じもしますよね。リマインダーを使いこなすにはちょっとした少しコツが必要です!

今回はiOSのアプリですが、たった2つのアプリを使い分けるだけで簡単に自分の行動を自動化できる方法をご紹介します!

はじめに

一口にリマインダーといっても、スマホには純正のものと、GooglePlayやApp Storeなどで入手できるものがあります。

このブログは一応Apple関連の製品を使って日々の生産性を上げていこう!ってことも目標として掲げているので、今回はiPhoneでの設定を前提に話を進めていきます。

今回使うアプリは次の2つ。

  • iOS純正リマインダー
  • Due

なんでリマインドアプリを2つにわけているのかというと、結論からいえば通知の頻度に秘密があります。

ではひとつずつ解説していきます。

iOS純正リマインダー

リマインダー

リマインダー

Apple無料posted withアプリーチ

iOS純正リマインダーはひとつひとつのタスク管理に向いていて、下記の部分で優れています。

  • 予定のカテゴリ分けができる
  • UI(見た目)がキレイ
  • 指定場所での通知

予定のカテゴリ分けができる

予定のカテゴリ分けができるというのは例えば
・仕事
・プライベート
・ファミリー
という風にカテゴリー別にタスクを分けてリマインド登録することです。

iOS純正リマインダーにはこの他にも、期限つきの予定や重要な予定にフラグをつけるなどの機能があるのでとても便利です。

Dueでもカテゴリ分け自体の機能はありますが、あくまで簡易的なものであってiOS純正までには至りません。

UI(見た目)が素晴らしい

特にiOS13になってからはリマインダーもUI含めて大幅にアップデートされ、さらに使いやすくなりました。

カテゴリ分けのUIも洗練されたものになりました。より一覧性に優れ、「今日の予定」「全ての予定」「フラグつき(重要)」「日時設定あり」という項目がひとつの画面で全て確認することができます。

UIが素晴らしいということは、単純にモチベーションを上げてくれる効果も期待できます。

指定場所での通知

iOS純正リマインダーを使う最大の理由は指定場所での通知あるからです。

指定の場所(自宅からの出発や目的地到着)にいくと通知をしてくれる。こういうアプリは純正ならではだと思います。

目的地にいつ着くかわからない…ってわりとありますよね。時間単位で動いていると、何時何分にこの予定をリマインドして…と計算しないといけません。これが意外とストレス。

でも指定した場所で通知してくれることによって、細かい時間を計算するストレスから解放されます。

これこそが2つのアプリを使い分けている最大の理由です。

Due

Due - Reminders & Timers

Due – Reminders & Timers

Due Apps LLP¥860posted withアプリーチ

ではDueについて見ていきましょう。

Dueとは純正ではなく、サードパーティ製のリマインドアプリです。

このアプリが大好きすぎてレビューした記事はこちら。

このアプリの特徴は次のとおりです。

  • とにかく通知頻度が多い
  • 先送りにできる
  • Apple Watchにも対応

これもひとつずつ見ていきましょう。

とにかく通知頻度が多い

アプリを分けている最大の理由は通知頻度のカスタマイズ性に優れていることです。

純正リマインダーだと最低でも1時間単位での通知設定しかできません。

ただ、リマインドを先送りにしたいときって意外と5分後だったり30分後だったりしませんか?

このアプリは通知の頻度が「1分、5分、10分、15分、30分、1時間ごと」と選択肢が多く通知時間のカスタマイズ性がとても高いのが特徴です。

Dueは予定のリマインドにも使えるアプリではありますが、とくに日々の習慣化やルーティンを通知することに向いていると言えます。

iPhone見たときもバッジ表示で残りタスク数で表示できます。

これは徐々に減っていくタスクを数値化して捉えることができ、モチベーション維持に役立ちます。

先送りにできる

さらに、リマインドされた予定を先送りにすることもできます。

ルーティンの通知を登録していると、さきほども書きましたが分単位で先送りにしたいときも結構あります。

たとえば…プロテインを摂る時間を登録しておいたとしましょう。
ですが、その時間に飲むようにしてはいても、実際には食器洗いだったり、お風呂に入っている…なんてことも…
そんなときに10分くらい遅らせておけば、タスクを忘れることなく通知してくれます

だからといってリマインドを消してしまうと、タスクを忘れてしまう…だったら少し先延ばしにしたい。こういったことが可能になります。

Apple Watchにも対応

Apple Watchのコンプリケーションにも登録できるので、手元で通知を完了にしたり、先送りにしたり、変更したりできます。

これは純正リマインダーにはない機能です。

Apple Watchとの組み合わせで何倍もの威力を発揮できるのがDueの隠れた魅力といえます

もちろんタスクの先送りもApple Watch上で変更可能です。

まとめ

リマインドアプリを分けておくことは、通知の頻度が最大の理由といいました。

つまり日々のルーティンと人と会うなどの予定をわけて登録しておくことで、目的別に通知頻度をカスタマイズすることができます。

そもそもなんでこんなにリマインド機能を使うのか?ってことですが、それは『脳で判断することを少なくする』にあります。

ルーティンワークや予定を常に頭にいれて動くことは、一見デキル人感を醸し出しますが、その実、意外と非効率といえます。

なぜなら脳は常にその予定に対して気にかけている状態になるからです。

少しでもその負担を軽くするにはリマインドなどの自動的に教えてくれる機能を使いましょう。

そのぶん空いたリソースで重要な判断を下せます。

それを実現してくれるのがリマインドアプリ。

この記事をここまで読んでくださった方は、ちょっとめんどくさいかも…と思われたかもしれませんが、予定や判断を常に気にしなくてもいい状態というのはクセになりますよ!ぜひお試しを!

Due - Reminders & Timers

Due – Reminders & Timers

Due Apps LLP¥860posted withアプリーチ

関連記事

Dueを使った習慣化術はコチラ

Follow me!

noteはじめました

ブログとはちょっと違ったテイストで書いているnoteです。 好き勝手書いているので、本音ダダ漏れのnoteでもあります。

noteサークル【えむてぃ】運営中!

note内で【メディカルマネジメントサークル「えむてぃ」】を運営しています。 すでに立ち上げから2ヶ月ですでに参加者も増えてきました! また、いくつかお問い合わせも頂いている期待のコミュニティです! なんで立ち上げようかと思ったかはこちらのnoteで書いているので、臨床検査技師に限らず、医療人で日々のちょっとしたことや職場の問題で困っている方は、一緒に解決していきましょう!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。