【モブログ】試行錯誤の末、こんな環境で書いています【どこでもブログ】

だっぴー
だっぴー
こんばんわ、だっぴーです。

ブログを書いているみなさん、どんな環境(デバイスとかキーボードとか)で書いていますか?

きっとパソコン派が多いのかなと思います。なにせ楽チンですからね。

しかしなかなかパソコンに前に座ることができない時間が続くと、ブログ書くのが億劫になってくるのも事実かなと思います。

私もブログ執筆環境については、かなり悩んで悩んで試行錯誤を続けました。

以前こんな記事も書いたくらい、執筆環境については結構模索して、その時々でベストを探していました。

【ブログ生活】更新を楽にしてくれるツールを5つあげてみた【実体験から】

【使い方次第】iPhoneXSでブログは書けるか?【可能性は♾】

で、やっと一定の環境に行き着いたので、同じく悩んでいる方のお役に立てればと思いご紹介させてもらいます。

結論から言えば

  • iPhone
  • Magic Keyboard
  • スタンド

で解決しました。

詳しく説明していきたいと思います。

まずは論より証拠

まずはこちらの画像をご覧ください。

  • iPhone11ProMAX
  • Magic Keyboard
  • スタンド

順番に説明していきます。

iPhone11 Pro MAX

画面表示するデバイスを何にするか。ここが最大の難関でした。

元々MacBook ProやiPad Proで執筆していたので、6.5インチの小さな画面でいいのかと。

このほかにも7.9インチであるiPad miniも使っていた時期もありましたが、Apple Pencilを使うためにペーパーライクフォルムを貼り付けているので、画質がちょっと宜しくない。

で、苦肉の策としてiPhone11ProMAX(イレプロマ)で書いてみようしたのですが、これが大当たり!

ブログは基本的に『PressSync』というアプリで書いているのですが、これだとスマホで表示されるような感覚で書くことができるので非常にイメージしやすい。

ちょっとしたスキマ時間にスクリーンキーボードで下書きしておいて、ちょっと時間あるときには後述しますがMagic Keyboardを接続してタイピング。

iPhoneならどこでも書けますし、なんなら1行だけでもいいんです。

やる気のでない時だって、1行書けば意外とスラスラ出てくることが多いです。現にこの記事もランチを待っている間のスキマ時間にちょこっと書いてる感じです。

なによりいつでも記事をかけるという点が秀逸で、いつもいつもMacBook Proを使える環境でもないですし、移動の際には少しでも荷物は減らしたいので。

ちなみにiPad miniでも同じことをしていたのですが、ちょっと目立ってしまうんですね。

iPhoneならスマホ自体ははみんな使っているので目立たずに作業できます。

Magic Keyboard

いろんなモバイルキーボードを試したんですが、やっぱりこれに落ちつきました。

Magic KeyboardというのはApple純正のキーボードで本来はiMacに付属しているキーボードです。個別でも販売されていますが、約1万円する高級なキーボードです。

高級な割にはMagic Keyboardの打鍵感が特別良いというわけではないですが、モバイル性には優れています。

持ち運びができて、充電もしっかり保ってくれて且つ充電しやすい(Lightning端子なので)というのは他のキーボードにはないメリットです。

モバイル性が優れているといっても、一枚の板みたいな感じなので、折り畳みはできません。その分カバン選びますが、折り畳みタイプ特有のカチャカチャ鳴るようなタイピング音ではなく、打鍵感はしっかりしているので、ボディバッグくらいならギリギリ入ります。

これならカフェとかでも気軽に作業できますし、パソコンタブレットを広げるわけでもないのでスペース的にも多少狭くてもどうにかなります。

やっぱりキーボードがある方が早いですし、十字方向キーもあるので細かい文字指定が爆速です。

スタンド

実はこのスタンドは…100均の商品です!(多分ダイソーかセリアのどちらか)

iPhone背面には『ビバヒーロー』というスマホリング的なシリコン製のツールがついていますが、縦方向にスタンドしたかったので、横向きにするときに活きるビバヒーローは使えず…

このタイプのスタンドなら画像のとおり、縦でも横でもスタンドさせることができます。

最初は「いやいや、カッコ悪いし、挟んでいるところが気になって仕方ないんじゃないの?」と思っていたんですが、実際に使ってみると「そうでもない」です。

むしろ、最初でも話しましたがスマホで見る文字量や文字サイズなどで全体の雰囲気を見ながら調整できるので、縦画面で編集できるのは思ってもないメリットでした

このスタンド。単なるタイピング作業に使う以外にも、動画の視聴はもちろん、カメラスタンドとしても活用できるのでとても重宝しています。

しかも20gなので持ち運びも全然苦にならないです。

見つけたらぜひ購入しておくことを強くオススメします!失敗しても100円なのでほぼノーダメージです。

⬇️ビバヒーローに関する記事はこちら⬇️

【裸族よ震えろ】スマホリングならビバヒーロー!

まとめ

ということで、私の作業環境は以下のとおり。

  • iPhone11ProMAX
  • Magic Keyboard
  • スタンド(100均のやつ)

細かい作業はMacBook Proの方が編集しやすいのは事実ですが、文字のタイピング作業だけなら、取り回しのいいiPhoneに勝てるものがなかったというのが結論です。

ブログ執筆しているエディタは結構模索したのですが、現在は『PressSync』で落ち着いています。

PressSyncの使い方や設定などはコチラのブログを非常に参考にさせていただきました
https://mitsu-kiyo.com/

PressSyncにも弱点はあるものの、WordPressに直接投稿できるので、ほぼ完璧なアプリといえます。

この辺の話はまた今度しようかなと思います。有名ところのアプリはほとんど試しているので、ちょっと長くなりそうですが…

執筆環境でお悩みのみなさん、ちょっと変わり種かもしれませんが、こんな環境もアリなんだよってことでお試ししてみてはどうでしょうか?

思い切った方が意外と良い出会いがあるかもしれませんよ!

Follow me!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です