\毎日更新中のnoteはこちら/

【完全版】Magic Keyboardの使い方や設定まとめ

困ってる人
Magic Keyboardのことが知りたい。実際に使い込んでいる人に聞いてみたい。使い方のコツやアレンジの方法もあったら知りたいなぁ
だっぴー
こんばんわ、だっぴーです。iPhoneにもiPadにもMacBookにも接続してヘビーに使い込んでいるぼくが使い方や便利ツールのご紹介をさせてもらいます!

前回記事に引き続きMagic Keyboardについてです。

前回の記事では「Magic Keyboard最強説」として、タブレットなどにつないで持ち運ぶオススメのキーボードならMagic Keyboard!という感じでご紹介しました。

今回の記事では完全版ということで、使い方や便利に使うためのツールなどにフォーカスしてまとめてみました。

ちょっと前記事と被る部分もありますが、1つでも参考になれば嬉しいです。

モバイルキーボードなら『Magic Keyboard』で決まり!持ち運べる最強のキーボード

Magic Keyboardとは?

本来Magic KeyboardはiMacに付属していたキーボードですが、いまでは単独でも販売されるようになっています。

Appleが販売する製品の中で唯一のキーボードでもあります。

全3種類のラインナップで販売されています。

最安でも1万円するキーボードなので決して安いものではありませんが、そこはAppleブランドのなせる業でしょうか。

2020年にiPad Pro用のMagic Keyboardが登場しました。

こちらの記事でも解説していますが、新登場したのはあくまでiPad Pro用のキーボードです。

【iPad Pro】Magic Keyboardの感想まとめ

今回ご説明しているキーボードはBluetooth接続のMagic Keyboardですのでご注意を!

接続方法

接続方法は「有線(Lightningケーブルで繋ぐ)」と「無線(Bluetooth)」の2種類です。

サードパーティ製のLightningケーブルでも接続することもできます。

ぼくのオススメは後述するマグネット式ケーブルです。Lightning端子の抜き差しをしなくてもいいので、

なので、Bluetooth接続ができるMacBookでも使うことができます。そもそもキーボードがついているPCに、キーボードを接続するなんて不思議な感じもしますが…

MacBookで使う

ぼくもかつてはこんな使い方をしていました。

MacBookのキーボードは賛否両論があって「打ちづらい」「壊れる」など、補償問題になってこともあったくらい曰く付きのキーボードです。

キーボードの打鍵感というのは個人差が大きく、深いストロークが好みな人、薄いペラペラなキーボードが好きな人、とにかく感覚の問題なので100%納得というキーボードはありません。(HHKBなどの高評価なキーボードはありますが)

正直なところ、少しでもマシな打鍵感が欲しいですよね?それならばMacBookのキーボードの上にMagic Keyboardを載せてみましょう。

外観

上の画像はMacBook Pro13インチの上に載せたものですが、結構ピッタリです。

しかもBluetooth接続となるので、ケーブル不要です。外観も美しいですねぇ。


MacBookとの接続方法は・・・
・Magic Keyboardの電源をONにする(右上にあります)
・MacBook側のシステム設定→Bluetoothへ進んで設定
でオーケーです!

使い勝手

相当強く押し込まない限りはMacBook側のキーボードが反応することはありません。(キータッチが強い人は気をつけた方がいいかもです)

キーボード配列もどちらもAppleが作っているものなので、キーの大きさ以外は一緒です。

なのでよく市販されているキーボードで「Commandキーやoptionキーがない」という問題はおきません。

全く違和感のなく使用することができます。それどころか、キーボードを上におくことで斜度がつくのでタイピングしやすいです。

充電

これはMacBookと使うことだけで問題となるわけではないですが、充電に関してはほぼ心配いらないです。

というのも、いつ充電したか忘れるくらい毎日ガンガン使っても無くならない感じなので。

ちゃんとした数値(%)で見たい場合は、MacBook画面上部のステータスバーからBluetoothアイコンをクリックして確認するようにしましょう。(iPadやiPhoneならウィジェットのバッテリーから確認もできます)

WindowsPCで使う

実はWindowsPCでも使うことができます。

ただ、一筋縄でいかない部分もあるのでちょっとご紹介していきます。

有線接続

Bluetooth対応していればいいのですが、有線しか繋げないPCも一定数ありますよね。

そんな時にはコネクタをマグネット化してしまうがオススメです。

詳細は前記事で書いたので割愛しますが、結構便利です。充電もできてしまうので、充電問題に悩まされることもないです(そもそもメチャクチャ充電持つので心配ないですが)

モバイルキーボードなら『Magic Keyboard』で決まり!持ち運べる最強のキーボード

キー配列

WindowsPCで使う場合は、MacとWindowsでキーが異なる点に注意が必要です。

キー変換ツールなども出ているので、それらを利用してもいいですね。

ただ、ぼくもそうですが職場のPCにMagic Keyboardを接続して使う場合はキー変換ツールなどをインストールできない場合もあります。

そんな場合でも一応認識はするので使う分には問題なしです。

ただしキーボードに刻印されているキーと、認識されるキーが異なります。ぼくの確認できた範囲では、具体的には下記のとおり。

  • option → Alt
  • Command → 無効
  • JISの場合:「英数」「かな」キー無効
  • fn → 無効
  • CapsLock → 英数/かな変換
  •   

  • Control → そのまま

F1〜F12のファンクションキーに関してはそのまま使えることが多いようです。F6〜8はよく使うので助かりますね。

コントロールキーやCapsLockなどは、ちょっと慣れが必要な部分があります。この辺はどこまで許容範囲内かでしょう。私はギリギリといった感じですが…

iPadで使う

これも前記事で書いたのですが、iPhoneのみならずiPadでも使えます。

そりゃどちらもAppleが作ったものなので当たり前といえば当たり前なのですが…

特にモバイルキーボードで悩んでいる方にはオススメです。持ち運びをしているカバン次第な部分はありますが、安っぽいカチャカチャしたキーボードを持ち運ぶくらいなら、しっかりしているMagic Keyboardを持ち運んで生産性を上げた方がいいと思っています。

設定は他のBluetooth機器と同様です。

設定アプリ→Bluetooth→その他のデバイスに表示される→タップして接続する

これはMacBook(macOS)に比べて簡単かと思います。

まとめ

まとめ

とにかく汎用性の高いキーボードです。

前記事と併せて、Magic Keyboardに関しては網羅したつもりです。

細かい設定方法などを知りたい!って方はTwitterでいつでも解説しますので、ご遠慮なく連絡&フォローしてくださると嬉しいです!

Follow me!

noteはじめました

ブログとはちょっと違ったテイストで書いているnoteです。 好き勝手書いているので、本音ダダ漏れのnoteでもあります。

noteサークル【えむてぃ】運営中!

note内で【メディカルマネジメントサークル「えむてぃ」】を運営しています。 すでに立ち上げから2ヶ月ですでに参加者も増えてきました! また、いくつかお問い合わせも頂いている期待のコミュニティです! なんで立ち上げようかと思ったかはこちらのnoteで書いているので、臨床検査技師に限らず、医療人で日々のちょっとしたことや職場の問題で困っている方は、一緒に解決していきましょう!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。
PAGE TOP