\毎日更新中のnoteはこちら/

【今すぐ導入すべき】臨床検査技師にオススメしたい5つのガジェット

だっぴー
どうも、だぴてぃ(@duppyclub)です。臨床検査技師は日常的に機械を触っているはずなのでガジェットには強いはず!なので今回はあれば仕事が便利になるガジェットをまとめてみました!

いつも機械に囲まれて過ごしている検査技師。仕事が便利になるガジェットがあると知ったらワクワクしませんか?

実際にぼくも使っているガジェットの中から「これは便利!」と思えるものを5つご紹介します!

第5位: FlipKlip

これは本好きにもオススメです!

created by Rinker
知識工学研究所
¥1,650 (2020/09/29 01:01:25時点 Amazon調べ-詳細)

本を押さえるのに最適なツール

雑誌や参考書を開きっぱなしにして論文や学習会の資料を作ることってありますよね。

そんな時に大活躍してくれるのがこのツール。

本を開いておくときって違う本を置いて固定したり、折り目つけておくなど、どうしても不安定な感じだと思います。

この【FlipKlip】があればサッと固定できるので、安心して資料閲覧しながらパソコンに入力したり、違う文献を探したりできます。

まさに大量の資料を見たり探して検査のエビデンスを見つけようとする検査技師にぴったりなツールです。

第4位:MX Keys

打鍵感は最高

職場にパソコンがある人がほとんどかと思います。流石にPCごと変えて欲しいとは言えないものの、キーボードが打ちにくい…って方いると思います。

ぼくは国産PCメーカーのキーボードって打ちにくいんで、毎日AppleのMagic Keyboardを職場まで運んでいいました。

そこで!キーボードだけでも自分の好きなものに変えてしまおうという作戦です。

これは自分のデスクがあることが多い病理検査や、細菌検査などの形態部門、管理職の人向けかなと思いますが、オススメしたいキーボードはLogicoolから出ている【MX Keys】です。

発売から少し時間が経っていて、ぼくもずっと欲しかったのですが、YouTuberのLeoさん( @LeoTohyama)の動画を見て購入を決めました。

とにかく使いやすい!フルサイズのキーボードで700gほどあるガッチリした作りですが、それでいてスマートです。タイピングの感触は個人差が激しいですが、ぼくはこれまで叩いてきたキーボードの中でトップクラスの打鍵感でした。

地味に便利なファンクションキー

テンキーレスモデルが出れば即買いするほどの製品ですが、テンキー部分についている電卓マークを押すと、Windowsでは画面から選ぶこともなく電卓が立ち上がります。

また、画面をロックしたい時もロックボタンもあるので、業者さんなどが来訪されて患者情報をサッと隠したい時も便利。

最大3台までのペアリングが便利

とにかく痒いところに手が届くキーボードです。

この製品は他のLogicool製品とも連携でき、高級マウスである【MX master3】やトラックボールマウスである【MX Ergo】などと組み合わせることもできます。デバイス間でデータやり取りもできる機能も備えているので、複数のPCで作業される方にとっては便利そのものです。

MX Keys自体は端末間のスイッチングは3台まで可能で、ワンタッチで切り替えることができるため、ぼくはiPad miniと職場のWindows PCをペアリングしています。

職場ではiPadも使って仕事しているため、ひとつのデスクに複数のキーボードを置かないで済むのはありがたいことです。

第3位:blen

これはかなりオススメしたいボールペン!

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥356 (2020/09/29 01:01:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥50,380 (2020/09/29 01:01:27時点 Amazon調べ-詳細)

ガジェットというよりボールペンですね。

製薬会社さんとかは結構ボールペンをくれたり、勉強会などに出席するとメモ帳とボールペンをくれたりしますよね。しかもジェットストリームのマルチペンをくれるところもあって便利に使わせてもらっていたのですが、最近は規制も厳しくなってなかなか…って感じかなと思います。

ぼくはボールペンには強烈なこだわりがある方で、書き味と持った時の感触が合わないと仕事のやる気が上がらないタイプでして、自分にあうボールペンは常に探しています。

とにかくブレない

そんなぼくが最近出会ってしまったボールペンが【blen】というもので、高級でもなんでもないんですが、とにかく文字通り筆記がブレない。

ボールペンって結構筆記時にブレてしまうものが多く、特にノック式だとその傾向が強いですね。このblenはどこを持ってもブレることなく筆記できて、仕事中もストレスなく使うことができます。

検査技師にとって筆記は日常的に発生するもので、サインする時もそうですし、メモなんてすごい量でしますよね。他の職種よりも筆記機会は多いかなと思います。そんな検査技師だからこそオススメしたいボールペンです。

コスパはGOOD

もしなくしてしまったり、染色液などがついて汚れてしまっても価格が安いのでそこまで精神的ダメージも負わないというのもポイントですね。

高級過ぎると汚れやキズが気になるので、現場で使うボールペンにはコスパの観点も大事になってきます。

第2位:iPad mini5

全検査技師が持つべき最高のデバイス!

created by Rinker
Apple(アップル)
¥50,380 (2020/09/29 01:01:27時点 Amazon調べ-詳細)

検査技師は論文や資料を読む機会が多く、しかも勉強ノートも作る人も多いのでどうしても量がかさばってしまいますよね。

そこでオススメしたいのがiPadです。通常のiPadでも全然いいですが、個人的に強く推したいのがiPad mini5ですね。ポイントとしては次の3つ。

  • 7.9インチ・300gと軽くてコンパクトな筺体
  • Touch ID
  • Apple Pencil

ちょうどいいサイズ感

サイズが小さいので、白衣のポケットに入れることもできます。

先日、何科か忘れましたがドクターが無造作にポケットに入れているのを見て「これはカッコいい!」となりました。カッコよさだけではなくて、持ち運びが楽だというのは高評価です。

スマホよりも大きい画面なので、視認性に問題はありませんし、男性ならば片手で掴むこともできるくらいコンパクトです。

Touch ID

また、認証システムがTouch IDというのもいいですね。

最新のiPad Proは顔認証であるFace IDなので、昨今のコロナ問題でマスクが必須になってしまった世の中では指紋認証の方が便利ですね。

検査技師はグローブをつけることも多いかと思いますが、グローブつけたまま操作することはないと思うので、あまりデメリットにはならないです。

Apple Pencil

何よりApple Pencilの存在が格別です。

iPad miniはコンパクトなのでメモ代わりにすることもできますし、単純に論文や文献のまとめをするにも重要な箇所を書き出しておけます。

PDFで論文を取り込んでおけば、GoodNote5などのアプリを使えば注釈も入れることもできますし、イラストで記録しておきたいことがあればノートアプリを使えばApple Pencil1本で何色ものカラーを表現することもできます。

iPad miniとApple Pencilはセットで持っておくと大活躍間違いなしのガジェットです。

第1位:Apple Watch Series 5

これがないと仕事できない!

これはもう全ての検査技師が持つべきガジェットです!!

iPhoneではない方は他社製のスマートウォッチでもいいと思います。とにかく腕時計をしているなら即刻Apple Watchにすべきです。

理由はこちら

  • 常に正確な時間が分かる
  • 汚れても洗える
  • タイマーが便利すぎる
  • 活動量が分かる
  • 呼吸アプリの絶大効果
  • リマインダー

マインドフルネスは効果的

ひとつひとつは別記事でご紹介しますが、検査技師の仕事に必要な機能は全て兼ね備えていますし、この中で特にオススメなのが【呼吸アプリ】です。

いわゆる瞑想の時間を測ってくれるアプリです。

瞑想なんてしている暇ないよ!と思われるかもしれませんが、昼休みや染色待ちの1分とかでもいいんです。呼吸を落ち着けて一度「無」になることでストレス軽減や集中力の回復を図ることができます。

この辺、結構軽視しがちだなと思っていて、検査技師の職場はどこもストレスフルなところなので、ちょっとしたスキマ時間でメンタルコントロールすることは非常に有効です。

むしろメンタルコントロールは積極的に取り入れて、いらない衝突だったり、1%でも正確な結果を返すために集中力を上げるなどにフォーカスすべきです。

検査テクニックとは何も根性論やスキルだけではなくて、こういうメンタル的な部分が大きく影響してくると思います。

だからこそApple Watchで意識づけをして、どのくらいマインドフルネスをしたかを視覚化することで、メンタルを安定させるということも大事かなと。

ここでApple Watchについて書くと脱線すること確実なのでこの辺にしておきますが、もう国が検査技師全員に配ってもいいくらい仕事のクオリティが爆増するアイテムだと思っています。

1%でも質を上げるために考え続けるのが大事

さて、全部で5つのガジェットをご紹介しました。

臨床検査技師にオススメのガジェット5選
  • FlipKlip
  • MX Keys
  • blen
  • iPad mini5
  • Apple Watch series5

大事なのはいかに自分にあったアイテムを使って医療の質を上げられるかということです。

職場から支給されるアイテムだけだと正直物足りないどころか、現代では不足しているとすら感じます。プライベートでも活かせるものなら自腹で買ってしまうというのもひとつの手ですね。

こういうアイテムを持ち込み禁止にしているところもあるかと思いますが、正直言ってもう時代遅れです。

よく「個人情報が!」とかいう人いますが、そんなのは常識で、守った上での話なのでナンセンスですね。

仕事のクオリティをあげられるならガジェットに限らずどんどん取り入れていかないと検査技師の未来は暗いままです。管理職の方は昔ながらの考えで禁止や自粛させるのではなく「どんどんやれ!」くらい言って欲しいですね。

ぼくのチームはなんでも解禁しています(会社自体はグレーですが上層部もスマホ持ち歩いているのでOKでしょう)。

理由は1%でも仕事のクオリティを上げるため。変な規則や時代遅れな考えで禁止する方が、患者さんのためになっていないし、それは「ルールだから」と脳停止の自己満足的な考えです。

少し強めの表現でしたが、それくらい検査技師の世界はクローズドです。もっと視線を変えて、新しいことにはどんどんトライしていきましょう!

ぜひ今回ご紹介したガジェットは取り入れてもらいたいと思っています。

ではまた!

Follow me!

noteはじめました

ブログとはちょっと違ったテイストで書いているnoteです。 好き勝手書いているので、本音ダダ漏れのnoteでもあります。

noteサークル【えむてぃ】運営中!

note内で【メディカルマネジメントサークル「えむてぃ」】を運営しています。 すでに立ち上げから2ヶ月ですでに参加者も増えてきました! また、いくつかお問い合わせも頂いている期待のコミュニティです! なんで立ち上げようかと思ったかはこちらのnoteで書いているので、臨床検査技師に限らず、医療人で日々のちょっとしたことや職場の問題で困っている方は、一緒に解決していきましょう!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。