【キーボード編】iPhoneのみでブログ記事作成!そのコツとは?

困ってる人
  • iPhoneのみでブログ記事書きたいけど思うように進まない
  • コツを知りたい…

こんな疑問を解決します。

だっぴー
どうも、だっぴー(@duppyclub)です。ブログ記事はiPhoneのみで作れてしまいますが、ちょっとした工夫が必要です!今回はぼくが60日間かけて培った経験をお伝えしますね!

iPhoneのみで記事を作れたら最高だと思いませんか?

パソコンいらずで作れるということは、どこでも場所を選ばずに作れるということです。

ぼくは普段iPadでも記事を書いていますが、その半分くらいはiPhoneから書いています。

「フルタイム勤務で時間が取れない」
「子育て中でまとまった時間がない」

こんな方こそ実践してほしい内容です。

では始めていきましょう。

なぜiPhoneでブログを書くのか?

そもそもなぜiPhoneでブログを書こうと思ったのか?

最大の理由はスキマ時間で記事が書けるからです。

現代人にまとまった時間は取りにくいですし、ぼくと同じように子育てをしながらフルタイムで働いている人はなおさら時間がないように感じていると思います。

今回はiPhoneでブログを書くのに必要な5つのトピックをみなさんとシェアしていきたいと思います。

ひとつずつ深堀りしていきたいので、全5回にわけて説明していこうと思います。

この記事の信頼性
約2ヶ月間iPhoneのみで記事を更新していた

【だっぴー流ブログ術】どこでもブログ作成!更新を楽にする方法

iPhoneのみでブログ更新するための5つのポイント

iPhoneのみでブログ更新するためにはちょっとした工夫をしなければいけません。

iPhoneのみでもやれるんだぞ!意外といいところもあるんだぞ!と知ってほしくて、こんなツイートをしてみました。

iPhoneのみでブログ更新する工夫💡
1️⃣外付けキーボード
2️⃣純正メモ
3️⃣スキマ時間
4️⃣ホーム画面
5️⃣集中力
これらを工夫していくことで生産性が爆増します!

ぶっちゃけまだ必要なことはあるんですが、最重要ポイントとして上記の5つをあげました。

最初にも書きましたが、5回にわけて深掘りしていきたいと思います。

外付けキーボードの重要性

だっぴー
この選択で生産性がまったく違ってくるよ!

iPhoneのみでブログを書くためにはとにかく文字入力のスピードを短縮することが大切です。

LINEでメッセージを打つように、文章を書いていくスタイルも時には必要になりますが、全体的に考えるとやはり物理キーボードで高速で入力するタイミングが必要です。

効率よく入力するために必要な設定


これはソフトウェア/ハードウェアキーボードどちらにも共通していえることですが、ちょっとでもタイピングする量を減らすことが大切です。

後述しますが、スキマ時間でブログを書こうとしているのに、一字一句タイピング入力していくのは非効率極まりない行為です。

そこで利用したいのがユーザー辞書です。

よく使う言葉やタグはユーザー辞書に登録

ぼくの場合はよく使う言葉をユーザー辞書登録しています。

この機能自体は使っている方も多いかなと思います。

この機能、実は言葉だけではなくて、文字列も登録できるんです

具体的にはこんな感じ。

この設定をしておくことで、どんなエディタでも装飾ができますし、何よりWordPressにコピペして、そのままアップすることも可能になります。

キーボードの選び方


ではいよいよどんなキーボードを選べばいいのか?という本題です。

iPhoneでブログを書こうとすると、ユーザー辞書も駆使したとしてもかなりの文字量を入力しないといけません。

そこでソフトウェアキーボードではなく、物理的なハードウェアキーボードでタイピングすることで効率化できます。

iPadやパソコンと違って、iPhoneは常に携帯しているデバイスであり、モバイル性がとても高いです。

キーボードもモバイル性が高くないと、iPhoneの機動性が無駄になってしまい、それならばiPadやパソコンの方がいい。ということになってしまいます。

キーボードの選び方としては 持ち運びしやすく、打鍵感が良いこと がひとつの条件になります。

条件は持ち運べて、打鍵感が良いこと

まず持ち運びしやすいことが条件というのは、先の説明でもそうですが、お分かり頂けるかと思います

打鍵感についてはモバイルキーボードではある程度妥協しないといけない部分ではありますが、自分の使いやすいものを選んでおかないと後悔します。

スキマ時間に書きたくなるようなキーボードを

いくらスキマ時間(=短い時間)で書くのがメインだからといって、使いにくいキーボードを選んでしまうと書くこと自体が嫌になることがあります。

こうなっては元も子もないので、しっかりと自分にあうものを選びたいところです。

ぼくの場合はApple純正のキーボード 『Magic Keyboard』 を導入しています。

モバイルキーボードなら『Magic Keyboard』で決まり!持ち運べる最強のキーボード

キーボードの打鍵感は個人的には好みで、他のモバイルキーボードよりストロークがちょっとだけ深く、しっかりタイピングしている感覚になります。

しかも結構しっかりした作りなのに、重量的に軽い(200gちょっと)

しっかりした職場でも自宅でも使っているものなので、完全に手に馴染んでいることも理由のひとつです。 

オススメのキーボード

とはいえ自分に馴染んだキーボードなんてものは普段からパソコンに触れていないとわからないものです。

ぼくの主観(打鍵感にはうるさい方だと思います)で申し訳ないですが、使ったことのある製品の中からいくつかご紹介しておきます。

Magic Keyboard

created by Rinker
Apple(アップル)
¥10,334 (2020/04/08 08:19:44時点 Amazon調べ-詳細)
さきほども書きましたがiPhone使いなら、ぼく的にはイチ押しのキーボードです。

モバイルキーボードなら『Magic Keyboard』で決まり!持ち運べる最強のキーボード

モバイルキーボードはJIS対応(日本語配列)していないモデルが多い中で、このMagic KeyboardはしっかりとJIS対応している点が優秀です。

純正品なので当たり前といえばそれまでですが、こういった細かい点でストレスを軽減してくれます。

EWIN

モバイルキーボード界ではかなり評価の高いキーボードです。

しかもそこまで高価じゃない点もポイントです。

打鍵感はMagic Keyboardほど良くはないですが、折り畳めるのでコンパクトに持ち運びすることができます。

あと背面がレザーなので、タイピングする際に設置面がツルツルしていると滑りまくります…

この辺は良し悪しですね。スタイリッシュなことと、実用的なことはトレードオフかもしれません。

keys-to-go

折り畳みタイプではないものの、とにかく軽いキーボードです。

キーボードにしては高価ですが、打鍵感も適度に保たれていて軽量な良品です。

タイピングの感覚としては柔らかめといった感触でしょうか。

サブのキーボードとしては1台は持っておきたいキーボードです。

ぼくもMagic Keyboardがあるがために、普段は使わないですが、旅行などで荷物を軽くしたいときにはカバンに忍ばせておきます。

作業する場所や時間を決めておく

だっぴー
1%でも効率的な作業をするためにキーボードに全てを捧げます!

外付けキーボードで作業するときは、最低限テーブルなどの台がないと作業できません。

膝上でもできないことはないですが、タイピングには不向きです。

ストレスを少しでも少なくするために、作業場所は自分の中で決めておきましょう。

判断力を使わない

個人的には「ここなら作業できるかな…」などを考えるのは無駄な思考だと思っています。こういうところで判断力を使いたくないのです。

ただでさえスキマ時間で作業することが多いので、無駄な判断は避けたいところです。

判断力が落ちるとアプリや通知による誘惑に負けやすくなってしまいます。
ブログ書く!と意気込んだのはいいが、ネットサーフィンしたり、YouTubeみたり…それではブログ記事は書けませんよね

一見、キーボードに関係なさそうですが、少しでも効率的に作業するにはこういった細かいことも徹底した方がストレスがなくなります。

作業時間を決めておく

iPhoneに外付けキーボードを接続して作業すると、ほぼパソコンと同じくらいの速度で文字入力することができます。

集中力のコントロールが上手な人なら別ですが、ぼくの場合は集中しすぎると話が脱線していく傾向にあります。

一応マインドマップを見ながら記事作成してはいるんですが、高速で入力していると脱線して余談ばかりになっていることも…

こういう時は集中し切れているように見えて、意外と集中できていないことがあります。

なので作業時間を決めることで集中力をコントロールします

これはブログのみならず、仕事でも使えるので一度騙されたと思ってやってみることをオススメします!

ポイントは集中力が切れる前に、自分から切ってしまうことです。

行う作業を限定しておく

これも判断力を使わないことに繋がるのですが、キーボードで行う作業はある程度絞っておいた方が効率化できます。

これもぼくの例ですが、ブログ記事を作る際のソフトウェアキーボードとハードウェアキーボードは以下のように使い分けています。

  • ソフトウェアキーボード → マインドマップ
  • ハードウェアキーボード → 文章を書く

こうすることで、作業に流れができ「一体自分はいま何をやっているんだ?」ということもなくなります。

とにかく判断回数を減らすために使い分けるという感覚です。

ここまで徹底しなくてもいいかもしれませんが、自分なりのスタイルを持つことは効率的な作業には欠かせないステップですので、ぜひ模索してみてください。

まとめ


iPhoneのみで記事を作る5つのコツとして、まずはひとつ目の『外付けキーボード』の重要性について解説しました。

iPhoneのみでブログ更新する工夫💡
1️⃣外付けキーボード
2️⃣純正メモ
3️⃣スキマ時間
4️⃣ホーム画面
5️⃣集中力
これらを工夫していくことで生産性が爆増します!

iPhoneを使っていなくても共通する内容かと思いますので、ぜひ参考にして戴けると嬉しいです。

もしオススメのキーボードがあればぼくのTwitterか、この記事のコメント欄で反応を戴けると嬉しいです。

次回は『純正メモ』の使い方についてご説明していきます。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥10,334 (2020/04/08 08:19:44時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。