\毎日更新中のnoteはこちら/

【100日レビュー】iPad Pro12.9|大きさこそ魅力。よりパソコンに近づいたタブレット

困ってる人
iPad Pro12.9って大きいけど実際使ってみるとどうなんだろう…使っている人の声が聞いてみたい
だっぴー
どうも、だっぴー(@duppyclub)です。iPad Pro12.9(第3世代)を購入してから約3ヶ月が経過したのでメリット・デメリットについて解説していきますよ!

iPad史上最大の大きさを誇る『iPad Pro12.9(第3世代)』

iPadという想像からは程遠いサイズ感から使う人を選ぶとまで言われている好みの分かれるデバイスです。

おおきすぎる!iPadなのにこんなんじゃ持ち運びできないよ!

こんな声が多いですね。

でもぼくはこう言いたい。

だっぴー
iPad Pro12.9は生活を一変させますよ!

決して持ち運びできないわけじゃなくて、むしろ大きいからこそ活躍できる場面もたくさんあります。

約100日毎日使ってみて感じたことをシェアしていきます。

買ってよかったと思ったこと


実は12.9インチのiPadを買うことに最初は抵抗がありました。なにせMacBookと同サイズですからね、もはやタブレットの領域ではないですよね。

ですが、使ってみると大きいがゆえのメリットはたくさんありました。

ザッと次のとおりです。

  • Split Viewが便利すぎる
  • 画面の情報量が多い
  • PCライクに使える
  • A4ノート並みのサイズ感でノート取れる

ひとつずつ解説します。

Split Viewが便利すぎる

Split Viewとは「2つのアプリを分割して表示できる機能」のことです。

iPadならではの神機能ですね。

MacBookなどPCでは当たり前のマルチウインドウですが、iPadでは基本1アプリ1画面で使うことになっています。

それをマルチタスクさせてくれる機能がこのSplit View。

たとえばですが次のような用途で画面分割して使っています。

  • メモとマインドマップ
  • メモとSafari
  • メモとYouTube
  • メモとTwitter

など、なにかを閲覧しながらメモすることがメインです。

これはとても便利ですね。iPad Pro11 inchのときにはあまり便利だと思わなかった機能ですが、12.9inchの画面サイズを得てその能力が発揮された感じです。

この機能はとても気に入っていて、特にブログを書くときはマインドマップを表示してメモに記事を書いています。

画面の情報量が多い

これも当たり前といえば当たり前なんですが、たぶん11inchユーザーやその他のiPadユーザーが思っているよりスゴイです。

ほぼPCサイズの画面サイズなので、情報量が多いというのは想像はできるかなと思います。

PCと違って気軽に使えるタブレットサイズ(12.9インチもあるのでちょっと語弊がありますが…)で、大量の情報量を一度に表示させることができるのは想像以上のメリットです。

どんな感じかは体感してみないとわからないと思うので、購入を考えている人は一度お近くの家電量販店などで体験してみるといいですね。

PCライクに使える

「iPadはPCの代わりになるか?」

という問題は新型iPadが発表されるために巻き起こります。AppleはCMでも小さなコンピュータなどと表現するくらい、そこらのノートパソコンよりスペックは高いですし、いろいろなことができます。

パソコンとの決定的な違いといえば物理キーボードとマウスがないことでしょうか。

しかしこれもOSの進化で解決されつつあります。

実はiPadでもマウスは使えます。この機能は「アクセシビリティ」の一環なので、本来は体の一部で制限がある方が使う機能なのですが、設定をすればどんなiPadでもマウスが使えるようになります。

マウスはBluetooth対応のマウスなら快適に使えますし、最近では複数のボタンがあるマウスもお手頃価格で手に入るので、一度試してみると楽しいかなと思います。

2020年3月18日にはiPad Pro専用のMagic Keyboardとトラックパッドが一体化したカバーも発表されました。これでよりパソコンに近づくと思います。

iPad Pro専用Magic Keyboard発表!

ちょっと余談ですが

ぼくはこちらの製品を使っています。

職場ではMX ergo、家ではMX verticalを使用しています。(この辺の話は長くなるので割愛しますね)

どちらもお値段の張るマウスですが、エルゴノミクス(人間工学)に基づいて作られているので手首や肩に負担が掛かりにくくなっています。

職種的に毎日顕微鏡で仕事しているので肩こりはありますし、診断所見も毎日大量に書くことになるので、こういうところで少しでも負担を減らそうとしています。

いろいろ試しましたがLogicoolの『MXシリーズ』は高級マウスだけあって、どれも使いやすいのでオススメです。

A4ノート並みのサイズ感でノートが取れる

これはどういうことかというと「Apple Pencilを使って手書きノートアプリで勉強する時、ノートを作る」ということを指しています。

アプリは『GoodNote5』という定番アプリを使っています。

使い方はここでは詳しく解説しませんが、板書感覚でノートを書いたりしています。

iPadらしい使い方としてはKindleとGoodNote5をSplit Viewで起動させて、教科書をみている感覚でノートを取っていくなんてこともできます。

この辺は12.9inchのサイズ感をフルに活かした使い方かなと思っています。

イマイチと思うところ


日常使いの面ではほぼデメリットはないと考えています。

ただ、持ち運びや出先では少し物足りなさやネックになってくる場面もでてきます。

特にこんな点が少し不都合に感じました

  • デカイ&重い
  • 意外とバッテリー持たない

それぞれ解説しますね。

デカイ&重い

見た目そのままですが、とにかくデカイし重いです。

初代や第2世代のiPad Pro12.9よりは軽くて小さいんですが、それでもケースをつけると1kgを超えてきます。

今はディスコンとなったMacBook12inchより重くなってしまいます。

この辺はちょっと考えものですが、作業のしやすさとサイズ感というのはトレードオフなんでしょうかね。

なので持ち歩きには適していません。ぼくはそれでも『ひらくPCバッグ mini』というPCをいれるために生まれたカバンを使って通勤しています。このバッグもエルゴノミクスを意識して作られているので、中身の重量に比べてそれほど重さは感じないのでいいですね。

ひらくPCバッグについては以前レビューしているので、気になった方は参考にしてみてください。

バッテリーの持ちが悪い

悪いとは言い過ぎかもしれませんが、iPhone11Pro MAXを持っていると物足りなさを感じます。

とはいえ10時間くらいは普通に使えますし、充電のできる環境であればそこまで心配する必要もありません。

あくまでぼくが使っているiPhone11Pro MAXと比較して、ということです。

iPhone8やXSをお使いの人であればなにも感じないくらいだと思います。

iPad Pro12.9は意外と大きくない?

ここまで良かった点やイマイチな点をご紹介してきましたが、やはり気になるのはその大きさかなと思います。

これは完全に主観になりますが、ぼく個人の感想としては「慣れれば問題無い」と感じています。

iPhone11Pro Maxも最初は「大きいなぁ」と感じていましたが、今ではむしろ小さく感じます

ぶっちゃけ、あと1インチくらい大きくても問題無いかなとも思うくらいです。

もちろんその時は持ち運ばない前提となりますが、自宅で使うくらいなら大きさは問題になりません。持ち運びのときにネックとなるだけです。

11インチユーザーが乗り換えると最初は「おお…」となりますが、すぐ慣れますよ。

新型iPad Pro

さきほども書きましたが、2020/03/18に新型iPad Proが発表されました。

少し新型iPad Proについても触れておきましょう。

世代交代

サイズは変わらずです。世代はちょっと複雑ですが以下のとおりです。

  • 11インチは第2世代
  • 12.9インチは第4世代

このアップデートによって11インチ第1世代と12.9インチ第3世代はApple公式ストアから姿を消しました。整備済製品で登場するのを待つか、ゲオスマートなどの中古タブレットを扱うストアから購入するしか方法はありません。

新型iPad Proは最低ストレージ128GB、RAMに至っては全モデルで6GBとの噂もありながら、価格的には現行モデルより5,000円ほど下がっているので、あえて古い機種を買う理由もないと思います。

買うとすれば旧モデルが7万円切るくらいでないと手が出ないですねぇ。

発売日

新型iPad Proは2020年3月25日発売です。

おそらくOSアップデートが3月24日(日本時間3月25日未明)と言われているので、それに合わせているのだと思います。

カバー&ケース

先ほどから散々書いていますが、Magic Keyboard搭載ケース(カバー)です。

また、引き続き現行とおりのsmart keyboard folioも販売されます。

Magic Keyboard搭載ケースは高価ですが、smart keyboard folioも十分高価ですので、Logicoolなどのサードパーティ製も視野に入れた方がいいかもしれませんね。

…ぼくは待ちに待っていたMagic Keyboard搭載ケースを買います!

まとめ:12.9インチが継続されるのにはワケがある


デカイデカイと言われながらも、ちゃんとラインナップに残り続けるのは、12.9インチiPadに十分魅力があるからでしょう。

なにせ第4世代まで来てますからね。一部のファンに大人気であったiPad miniに似た感じなんですかね。

この記事をみて「iPad Pro12.9インチほしいぃぃぃ!!!」ってなった方。

新型は3月25日発売です。すでに Apple公式サイト から注文できます。

iPad Pro12.9インチを使って、一変した生活を体験しましょう!

\今回オススメしたマウスはこちら!/
『MX ergo』手首が楽チンです!

『MX vertical』軽くて持ちやすい!iPad Proと相性抜群!


Follow me!

noteはじめました

ブログとはちょっと違ったテイストで書いているnoteです。 好き勝手書いているので、本音ダダ漏れのnoteでもあります。

noteサークル【えむてぃ】運営中!

note内で【メディカルマネジメントサークル「えむてぃ」】を運営しています。 すでに立ち上げから2ヶ月ですでに参加者も増えてきました! また、いくつかお問い合わせも頂いている期待のコミュニティです! なんで立ち上げようかと思ったかはこちらのnoteで書いているので、臨床検査技師に限らず、医療人で日々のちょっとしたことや職場の問題で困っている方は、一緒に解決していきましょう!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。