\毎日更新中のnoteはこちら/

【iPad mini5】おかえり mini!買い戻した理由を解説【秘密はiPhoneにあり】

だっぴー
どうも、だっぴー(@duppyclub)です。iPad miniを一度売却したあとに、買い直しました。今回は手放した理由と買い直した理由をシェアします。

コロナ禍で自宅にいる時間が長くなっている今、タブレットの需要が高まっています。

iPad miniは自宅でも出先でも使える「ちょうどいいサイズ」のタブレットで人気を誇っています。

そんなiPad mini。

ぼくは色々な理由から一度買ってからリセール(売却)し、その後すぐに買い戻してる経験があります。

何でこんな経験をしたのか?それを今回はみなさんとシェアしていきます。

iPad mini5を手放した理由


iPad mini5は一度発売日に購入して、約半年となる180日レビューをするくらい使い込んでいました。

【iPad mini】半年レビュー!使い方はどう変化したか?

iPad mini5は最高のiPad!と謳っておきながら、なぜ一度手放したのか?

これにはぼくが所持していたデバイスが大きく関係しています。

iPad mini5を手放した3つの理由
  • iPhone11ProMAXの存在
  • iPad Pro12.9インチの存在
  • 大きさが中途半端に感じた

ひとつずつ深掘りしていきます。

iPhone11ProMAXの存在

ぼくがiPad miniをどんなことに使っていたかというと

  • 動画視聴
  • マインドマップ作成
  • メール処理
  • ネット検索
  • 文書作成

でもこれって作業効率面を無視すればiPhoneでもできてしまうんです。しかも、6.5インチもあるiPhone11Pro MAXであればなおさら。

しかもバッテリー面でもiPhone11Pro MAXはかなり長持ちだったので、どんなにヘビーに使っても1日は余裕で持ちます。

こんなことからもどんどんiPad miniを使う機会がなくなっていきました。

iPad Pro12.9インチの存在

これもiPhone11Pro MAXがあることと同じ理由になってしまいますが、上記であげたiPad miniの使い方にひとつ加えることとして「ブログ執筆」があります。

iPad miniはサブディスプレイとなった

ぼくはMacBookを断捨離したので、ちゃんとしたPCを持っていません。その代わりがiPad Pro12.9(第3世代)でありました。

実際、iPhone11Pro MAXとiPad Pro12.9で出来ない事はほぼありませんでした。

特にブログ執筆や仕事でのドキュメント作成はiPad miniでやっている面もありましたが、どんどんiPhoneとiPad Proに置き換わっていき、最終的にはiPad Proのサブディスプレイとなっていました。

といってもサブディスプレイはなくても困らないので、あくまで作業効率向上のために補助的に使っていたに過ぎませんでした。

大きさが中途半端に感じた

iPhoneとiPad Pro12.9があるために、7.9インチであるiPad miniはとても中途半端な大きさに感じていくようになりました。

大きさの感じ方は人それぞれ

今でこそメイン機をiPhone SE2にしているので、iPad miniを絶妙なサイズと評することができますが、自分の持っているデバイスによってはサイズの感じ方が違ってくると思います。

ぼくの持っているデバイスが考えると、6.5インチのiPhone11Pro MAXと、12.9インチのiPad Proに挟まれた存在が7.9インチのiPad miniということ。ややiPhoneよりの大きさなので、前述したようにiPad miniでやっていた事は、iPhoneでも同じことができてしまいます。

こんな感じで本来ならその大きさは魅力的なはずだったんですが、逆に魅力がなくなってしまったという事でした。

iPad mini5を買い直した理由


ではここまでこんなに必要性がなくなりながら手放したのに、なぜ買い戻すことになったのでしょうか?

ぼくはブロガーでもあるので、単純にデザインの問題だけではないこともありますが、その理由は大きく次の3点。

iPad mini5を買い戻した3つの理由
  • iPhone SE2の存在
  • Touch IDモデルのiPad
  • 手軽に持ち運びできるiPad

iPhone SE2の存在


2020年4月に待望のモデルである「iPhone SE2」が登場しました。

ぼくはこれ自体は単純な興味として捉えていましたが、コロナで世の中の常識が変わり、仕事上でもプライベートでもマスクが必須となってしまったので、どうしても顔認証であるFace IDが不便になってしまいました。

そこでSE2に搭載されたTouch IDに戻るという選択肢が生まれました。

iPhoneの小型化によりiPad miniが絶妙なサイズ感へ

iPhoneのモデル変更がなぜiPadのモデル選択に影響を与えるのか?

これはサイズの問題でもあります。

手放した理由として6.5インチのiPhoneと12.9インチのiPadによる「中途半端なサイズ感」というのがありました。

でもiPhoneが4.7インチになる事で、iPad miniがまた違った役割となっていきます。

つまり役割がコンフリクト(競合)しなくなったのです。

サイズ感の問題がないならiPad miniのサイズは絶妙となります。

Touch IDモデルのiPad

これはiPhone SE2を欲しがった理由と一緒です。

コロナ禍でマスクが必須になってしまった現状が大きく影響していて、顔認証であるFace IDより、指紋認証であるTouch IDがストレスなく使えるモデルとなったためです。

iPadでTouch IDが使えるモデルはProシリーズ以外です。その中でも1番使い勝手がよく、かつスペック的にも問題なく使えるモデルが「iPad mini5」でした。

手軽に持ち運び可能なiPad

手軽に持ち運べるとは?軽いことなのか、それとも小さいことなのか。

iPadのいいところは手軽に持ち運んでコンテンツ消費や作業を可能にすることだと思っています。

ぼくの作業環境的に、どこでも作業することが求められてきたので、とにかく手軽になることが必要でした。

一応、自分の中で手軽の定義というものが決まっているので、まずそこから説明していきます。

手軽の定義

これは人によって異なりますが、ぼくにとっての「手軽」の定義とは次のとおり。

軽くて、小さく、ボディバッグに入ること

最近は持ち物をとにかく少なくしようとしており、普段使いのカバンをコンパクトにしていました。

しかしそうすると12.9インチもあるiPad Proは大きすぎて、使っているボディバッグには当然ながら入りません。こうなると手軽とはいえなくなってきます。

しかし、iPadのみ持ち運べればいいというわけでもありません。

Magic Keyboardも入れたい

iPad miniを使う上でもうひとつ重要視したい部分として、外付けモバイルキーボードも一緒に持ち運びたいということです。

オンスクリーンキーボードでもできない事はないですが、外付けキーボードがあった方がブログ執筆やドキュメント作成は格段に捗ります。

個人的にはMagic Keyboardがおすすめですね。剛性もあって、打鍵感もよく、かつ軽量。

最近ではMacBookにも搭載されるようになりましたし、iPad Pro用のMagic Keyboardも登場するくらい人気のキーボードです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥34,980 (2020/09/28 13:08:16時点 Amazon調べ-詳細)

どこでも作業可能なiPad

iPad Pro12.9はカフェなどで広げるとなると少し目立ってしまう、そんな大きさです。

じゃあ11インチや10.2インチのiPadでもいいんじゃないかということですが、ずっと同じ作業をしているわけでもありません。

休憩がてら電子書籍で読書したり、コーヒー飲みながらマインドマップでアイデア出しをしたり。

iPadで作業する大半が文字を生み出すことであることには変わりありませんが、フレキシブルに対応できるサイズ感というのは、ぼくにとっては7.9インチ相当という感じでした。

iPad Proはオーバースペック?


これは直接買い戻した理由にはなりませんが補足として。

ずっとiPad Pro12.9を使っていて思ったこととしてProシリーズは自分にとってオーバースペックなんじゃないかということがありました。

iPad Proは贅沢品?

Apple Pencil 2が使えたり、ベゼルレスなiPadデザインだったりと、一概にスペック部分だけで語れない部分もありますが、あくまで自分の用途ではあまりに贅沢品なんではないかということです。

制限のある環境でチャレンジしたい

この辺は感覚的お話になりますがオーバースペックなものを使って作業すると「ハングリー精神がなくなってくる」ような感じがして、それならちょっと制限のある環境で頑張りたいなと思うようになったことも、iPad Pro12.9を手放してiPad mini5を買い戻す理由のひとつです。(単純にミニマリスト化したかったという理由もありますが)

iPadでブログ運営ができる事は、iPad Pro12.9の時に証明しています。(それどころかiPhoneでも頑張れば何とかなります)

自分にあった一台を!


これまで御宅を並べてきましたが、ぜひ皆さんには自分にあった一台をチョイスして愛用して欲しいなと思います。

とはいえ、自分にあったものなんて時代によっても変化しますし(今回のコロナパンデミックがそうですね)、価値観の変化にもよります。(ぼくでいうハングリー精神の件)

当ブログでは今後iPadにあったオススメのツールなどもご紹介していきます。特にiPad miniは情報が結構情報が少なめなので、発信していければと思います。

ぼくは良いと思ったものしか紹介しないので、安心して試していただければと思います。ではまた!

Follow me!

noteはじめました

ブログとはちょっと違ったテイストで書いているnoteです。 好き勝手書いているので、本音ダダ漏れのnoteでもあります。

noteサークル【えむてぃ】運営中!

note内で【メディカルマネジメントサークル「えむてぃ」】を運営しています。 すでに立ち上げから2ヶ月ですでに参加者も増えてきました! また、いくつかお問い合わせも頂いている期待のコミュニティです! なんで立ち上げようかと思ったかはこちらのnoteで書いているので、臨床検査技師に限らず、医療人で日々のちょっとしたことや職場の問題で困っている方は、一緒に解決していきましょう!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。