\毎日更新中のnoteはこちら/

【レビューシリーズ】iPad Pro12.9(第3世代)購入後10日目の感想

困ってる人
iPad Pro12.9インチってどうなの?使いやすいの?
だっぴー
どうも、iPad Pro大好きだっぴーです。
MacBookと同じくらいの大きさですからね…気になりますよね!

先日、ずっと悩んでいたモノを買いました。そう、iPad Pro12.9インチ(第3世代)です!

この12.9インチという大きさのiPadを購入するにあたってはかなり勇気を振り絞りました…

また失敗したらどうしよう…と。

実はこのブログを開設するまえに第2世代の12.9インチを購入したことがあって、当時はその大きさにビビって即手放したという経緯があったためです。
(買うまえに気付けよと思いますが)

で、今回は思い切って買ってみた感想は…

だっぴー
買って本当によかった!前モデルより小さくなって軽くなってる!しかも思っていたより使いやすい!

今年1年間で購入したガジェットの中でも、トップクラスの期待感です。

このレビューシリーズについて

まずはこのレビューシリーズについてです。

ぼくはガジェットを手に入れるたびに「ガジェットの10日ごとレビュー」というものをやっています。

というのも、ガジェットは購入時の興奮がなくなったときにこそ真価を発揮すると思っていまして、60日までは観察していこうと思いはじめました。

ということで今回ゲットしたiPad Pro12.9インチ(第3世代)も例に漏れず、10日ごとに経過観察していこうと思っています。

iPad Pro12.9の「GOODなところ」

まずは10日間つかってみて見えてきたGOODなところです。

  • 処理が高速
  • 複数画面にできる
  • ホワイトボード代わり
  • Apple Pencilがヌルサク
  • ほぼパソコンの代わり

ひとつずつ解説します。

処理が高速

だっぴー
処理がサクサク!!

歴代iPadのなかでもスペックは最高のものです。

新型かつProシリーズなので、当たり前といえば当たり前ですが…

とてもサクサク動いてくれます。

スミマセン、ここは「最新のモデルなので当たり前」ということで読み飛ばしてください!

複数画面にできる

だっぴー
作業効率が捗る!!

まさにパソコンライクに使うことができます

iPadには「Split View」「Slide Over」といった、ひとつの画面に複数のアプリを表示させる機能があります。

iPad Pro12.9でなくても出来るのですが、13インチ近くあると大画面ならではの恩恵が受けられます。

ざっくりと7.9インチのiPad miniを2つ並べたくらいのサイズがあるので、視認性はとてもよいです。

ぼくはこの機能を使って

  • i thoughts x PressSync
  • ブラウザ x FastEver3
  • Twitter x LINE

など2画面にすると効率的に情報収集できたり、ライティングできたりと、様々な組み合わせを試しています。

ホワイトボード代わり

だっぴー
これで会議も時短できる!

ぼくは頻繁に手書きマインドマップを書いたり、落書きをしたりしてアイデア出しをしています。

今ではその書いたマインドマップやメモを使ってミーティングをしています。

だっぴー流meeting
マインドマップ書く → ミーティング → その場で追記 → 必要に応じて清書(マップがわかりやすければそのまま)

今まではA4の紙に書いたり、iPad mini5で書いたマインドマップを出力していましたが、なんだかムダなことやってんなーと思っていました。

iPadで一度書いてしまえば、追記や修正、必要に応じて印刷もできますし、いろいろフレキシブルに対応できます

なので、仕事にためにも大きいiPadが欲しいなと以前から思っていたので、これもいい投資ができたと思っています。

Apple Pencilがヌルサク

だっぴー
やっぱりProシリーズの書き味は違うね!

今ではすべてのiPadがApple Pencilに対応しています。

Apple Pencilの2種類あって「第一世代」「第二世代」と分かれています。

iPad Proのみに許されたペンは「第二世代」です。

何が違うかは以前書いた記事でもご紹介しているので、そちらをみて頂きたいですが、とにかく本物のペンと同じ感覚で書くことができます。

ほぼパソコン代わり

だっぴー
これはもしやMacBook Proいらない??

iPadあればパソコンいらないじゃん!説に関しては賛否両論あると思います。

要は使い方の問題ですよね。

Illustratorなどのマシンパワーが必要なアプリを使う人はMacの方がいいでしょうし、簡単な文書作成やブログ執筆くらいのことならiPadで十分かなと思います。

ぼくのユースケースではPCは完全になくてもいいかなと思っています。

というのも手元にMacBook Pro13.3インチがあるにはあるのですが、やっていることといえば…

  • 年賀状印刷
  • ブログ執筆(以前していた)
  • プログラミング(以前やっていた)
  • 文書作成

プログラミングはPCの方がいい気もしますが、あとは完全にiPadで出来てしまいます。

もちろん細かいこと言えば作業効率だったり、使えるアプリの差というのはありますが、あくまでぼくのスタイルではMacBookはいらないかなという感じです。

iPad Pro12.9の「イマイチなところ」

さて、iPad Pro12.9のイマイチなところです。

  • 重い
  • カバンを選ぶ

これもひとつずつ解説します。

重い

だっぴー
カバーつけると1kg超え!

iPad Proに純正カバー(smart folio)とApple Pencil2をつけると1kgを超えてきます。

[/col2]

それでもMacBook Proの1.3kgよりは軽いのですが、iPadとして見たときにはやっぱり重量感を感じます。

10日間使って少しは慣れましたが、後輩のiPad Pro11インチを持してもらうと「やっぱり重いな…」という感覚になります。

となると当然持ち運びもキツくなってきます。

iPad Pro12.9は持ち運ばないって方も多くいらっしゃるかなと思いますが、ぼくの使い方だと完全にどこでも持ち運ぶという感じになるので、新作ではぜひ500g前後になることを期待しています。

カバンを選ぶ

だっぴー
カバンに入らない!!

その大きさ故、持ち運びのカバンを選びます。

最近、できるだけ荷物を減らして行動するためにiPhoneと財布を一体化させたりと、あれこれ工夫はしているのですが、iPad Pro12.9を持ち運ぶとなるとそれなりに大きいカバンになります。

いわゆるボディバッグだとほぼ入りません。入ったとしてもiPadしか入らない…といった感じになるかと思います。

これについてはイマイチなところにあげましたが、対策はしています。

『ひらくPCバッグ』というのはご存知でしょうか?


ひらくPCバッグmini グレー

以前から使っていたバッグですが、これがあれば解決です!

【徹底解説】ひらくPCバッグminiを1年間使って見えたコト

まとめ

今回は10日間使って見えたことをまとめてみました。

ちょっと長文になってしまいましたが、20日目以降にレビューはそれほど変化しなければ短めになっていくと思います。(iPad miniの時もそうでした)

最後にもう一度おさらいです。

  • 処理が高速
  • 複数画面にできる
  • ホワイトボード代わり
  • Apple Pencilがヌルサク
  • ほぼパソコンの代わり
  • 重い
  • カバンを選ぶ

結果的には…

だっぴー
買ってよかった!!!

Follow me!

noteはじめました

ブログとはちょっと違ったテイストで書いているnoteです。 好き勝手書いているので、本音ダダ漏れのnoteでもあります。

noteサークル【えむてぃ】運営中!

note内で【メディカルマネジメントサークル「えむてぃ」】を運営しています。 すでに立ち上げから2ヶ月ですでに参加者も増えてきました! また、いくつかお問い合わせも頂いている期待のコミュニティです! なんで立ち上げようかと思ったかはこちらのnoteで書いているので、臨床検査技師に限らず、医療人で日々のちょっとしたことや職場の問題で困っている方は、一緒に解決していきましょう!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。