AirPodsPro|修理完了!故障対応経過やペアリング問題などまとめ

だっぴー
どうも、だっぴーです。
やっとAirPodsProが使えるようになった!!
よかったー!!

何が起きてたかというと、こういうことです。

ええ、5日間も使えないでいたのです。。。

世のAirPodsProユーザーが、その素晴らしさを毎日体感していたころ、ぼくは初代AirPodsと共にしていました。

これで今日からまた精神と時の部屋に入れる!!

なんで故障した??

使用していて故障したというより、初期不良のようなものでした。

詳しいことは5日前に記事にしているのでそちらをご参照ください。

AirPodsPro|左耳から異音…初期不良?それとも故障?

とにかくノイズキャンセリングがあるのとないのでは、生活にここまで差がでるもんなんだなということを痛感しました。

たった5日間ですが、その威力を思い知ることとなりました。

Appleサポート

本格的に壊れたと感じたので、Appleサポートに修理依頼をお願いしました。

今週の金曜(2019/11/15)から出張で飛行機をしようしたり、カフェで作業することが増えると思っていたので、なんとしてもそれまでには修理してほしい一心でした。

とはいえ、現在新品を購入しようとすると2〜3週間待たされる商品。ことはすんなり進むのか?と不安でしたが、さすがApple。素晴らしい対応でした。

修理依頼は電話かチャットで行えます。

ぼくの場合はチャット(電話嫌いです)で進めましたが、だいたい2分くらい待ったらチャット可能となり担当の方が対応してくれました。

言われるがまま、シリアルNoの入力や症状の経過、どんなサポートが望んでいるかなどを伝えると「金曜までにご用意できます」とのこと!

修理といっても、本体そのまま交換とのこと。

なので、ちゃんと返すだけで完了です。(ヤマトの担当者さんに渡すだけでした)

とっても簡単。

ペアリング問題

本体は無事受け取りができましたが、問題はそのあと。

ぼくの場合は左耳の本体が故障していて、片方のみの交換だったので、左右のペアで使用できるように再設定する必要があったのです。

到着したAirPodsPro本体を耳に装着すると、案の定反応しない。これはちょっと面倒だな…と思っていました。

リセットの方法って故障でもしない限り知らないし、どうしたらいいんだろう…そんな時はAppleサポートページを見ながら進めましょう。

Appleサポート

方法はかんたん。次のとおりです。

  • 本体をケースにいれて充電器につなぐ
  • 20分くらい放置してからリセット
  • 蓋を開けてペアリング開始

特に20分放置は盲点かもです。すぐリセットボタンを押してもオレンジ色の点灯を繰り返すのみで、白色の点灯にはなりません。

公式には20分と書いていましたが、15分くらいで接続できました。

まとめ

これで元どおり使えるようになります。

故障から交換完了までの間、ノイズキャンセリング使えないの、ほんとに苦しかったです。今までどうやって過ごしていたんだってくらいノイズが気になって仕方なかったです。

職場で使うとほんと最高の環境が手に入ります。エアコン音や他の人のタイピング音、多少の会話なら全部シャットアウト(とはいかないまでも気にならないまでになる)できます。

これで明日からの出張、快適な旅になると思うと少しやる気が出てきました!

ちなみに・・・

職場でイヤホンとは何事だ!という人もいますが、使える環境で、それで生産性あげられるならどんどん使っていくべきです。

日本人は右に倣え的な発想がありますからね、よくいるんですよ「モラルがどーの」「常識がどーの」と吠えるひと。

集中して仕事して生産性あげたり、効率あげる方がはるかにいいですよね。

あ、もちろん使っていいかどうかの確認と、文句言われないくらいの仕事をこなすことは絶対必要かと思いますよ。

やることちゃんとやって、どんどん生産性を高める工夫を取り入れていきましょう!

関連記事

ファーストインプレッション記事

【開封レビュー】AirPods Proをゲット!WF-1000MX3

壊れた時の記事

AirPodsPro|左耳から異音…初期不良?それとも故障?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。