だっぴー
だっぴー
どうも、だっぴー(@duppyclub)です。

さて、今回はApple Pencilはいる?いらない?と言ったギモンにお答えしようかと思います。
つい最近、知人がiPadを購入したのですが

あの白いペン?っているの?

と聞かれたので、秒速で

絶対いる!なんならカバーやキーボードより優先したほうがいい!
と答えました。

つまり、iPadを買ったらApple Pencilも買うべきだ!という主張です。

なので、それ前提で話を進めていきます。
(ちゃんとデメリットというか悪い点も解説しますのでご安心を)

正直、周りでiPad持っている方でApple Pencilをもっている方っていないんですよね。
これが不思議すぎて。

後述しますがApple Pencilの値段も決して安いわけではなく、むしろただの棒に10,000円もかけられないよ!って意見がほとんどだと思います。

ほんと、高すぎなんですよ、Appleさん。

なので、Apple Pencilの素晴らしさを一人でも多くの方に広めたく、熱のこもったエントリを書きます。
(もはや臨床検査技師のカケラも感じないエントリです)

Apple Pencilとは?

こう聞かれれば、必ずこう答えるようにしています。

だっぴー
だっぴー
最高のペンだよ!

よくMagic Trackpadを魔法の板と称する方がいますが、まさにその感覚です。

ちょっと掘り下げて解説します。

魔法のペン?

ちょっと昔話です。

Apple Pencilが出る前はサードパーティ製のスタイラスペンを使うしかありませんでした。

しかし、スライラスペンでiPadをノートがわりにしようとすると、うまく文字が書けなかったり、書けても精度(ペンの追従性)がイマイチだったり。

精度うんぬんに関しては後述しますが、ノートアプリの問題も確実に影響はしています。

が、そもそもApple Pencil自体が素晴らしいもので、これがなければiPadにマトモに文字も書けないほどだと思います。

だって、一つのペンで色や太さ、万年筆やボールペンなどの種類まで変えられるなんて凄すぎませんか??

1本でどんなことも可能。それがApple Pencil。

ノートの完全電子化ができる

Apple Pencilのおかげで、やっとノートを完全電子化できました。

学生の時にApple PencilがあればiPadだけをカバンにいれて、教科書はPDF化してiPadで見ればいいし、ノートはSplit Viewで表示させて取ればいいし…

こうやって授業が受けられればもっといい成績とれたのに!!(それはない)

ともかく、Apple PencilがiPadの使い方を根本から変えてくれたといっても過言ではありません。

購入前に要チェック!

注意点として説明しておかなければならない点が1つ。

現在発売されているApple Pencilは2種類あります。(2019/08/25時点)

第一世代と第二世代があり、それぞれの対応デバイスは次の通りです。

  • 第一世代
    iPad(第6世代)| iPad mini(第5世代)| iPad Pro9.7インチ| iPad Pro10.5インチ
    iPad Pro12.9インチ(第一世代)| iPad Air(2019)
  • 第二世代
    iPad Pro11インチ | iPad Pro12.9インチ(第二世代)

購入前には要確認です。

新しい第二世代がいい!」と言って買ってしまい、所持デバイスは対応してない方だった…ってことにならないように注意です。

Apple Pencilのすごいところ

まず使うべき理由に進む前に、Apple Pencilのすごいところを挙げていきましょう。

上記でもすごいところに関しては少し触れましたが、それはiPadxApple Pencilでのことで、Apple Pencil自体の評価ではありません。

私の考えるApple Pencil自体の評価は次のとおり。

  • Appleが公式に作ったスライラスペン
  • 美しいフォルム
  • 充電式なので電池式じゃない
  • ボールペンとあまり変わらない重心

正直これだけでも買いなのですが、それはapple信者に限ってのおはなし。

第1世代で約10,000円、第2世代だと約15,000円もするので、どんな高級なボールペンだよって感じですよね。しかもApple Pencil対応のiPadをもっていないとただの棒。

Apple Pencilのあれこれ

本記事を見てくれている方はきっとApple Pencilって実際どうなんだろう?」といったギモンをお持ちだと思います。

こんな辺境のブログまでお越しいただいた代わりに、買うか買わないか、どんなペンなの?っていうギモンにまでお答えしたいと思います。

Apple Pencilは先ほど説明したとおり、「第一世代」と「第二世代」があります。

私の持っているのは「第一世代」なので、まずは第一世代を説明していきます。
*2019.8.25追記*第二世代も購入しました!そのレビューはこちら🔽

【完全解説】進化した最強のペン。Apple Pencil2の【使用感レビュー】

2019-08-25

第一世代Apple Pencil

大きさ

これは「意外と長い」と思っていただければ良いかと思います。

削っていない鉛筆と思っていただければだいたいわかるかと思います。なので一般的なボールペンよりは長いですね。

↓実際にはこんな感じです。愛用のcocoon(こちらもどうぞ)との比較(Apple Pencilについてる銀色のものは後述)↓

充電方法

充電時間は0%付近→100%までがだいたい20分くらい。(0%付近としたのは、0%になると1度ペアリング解除になるため測定不能です)

公式的には「iPadのLightning端子に差し込む」or「Lightningケーブルからの直接充電」です。
iPadに差し込むとこんな感じです。

Apple Pencilの頭についてるキャップを取って差し込むのですが…なんともダサいという…これがよく言われる問題点の1つです。

これの解消方法が1つだけあります。
立てて使う充電スタンドをつかうことです。

これだとLightning端子が折れる心配もないし、なによりダサくない。オススメです!

転がる問題

これは結構深刻な問題で、私も何回も落としてフタを無くしそうになりました。

防ぐにはボールペンのように、ポケットにさせるように引っかかりを作らなければなりません。

とにかく探して探してたどり着いたのがこの「りんごのへた」という商品(Amazonに飛びます)

さきほどから写真でも見えている銀色のものがこれです。ボールペンのようになっていい感じです。転がりませんし、ちょっとおしゃれにもなります。

番外として、smart coverなどにも挟める点はポイントです。これによってモバイル性がグンと上がります。

第二世代Apple Pencil


Apple公式サイトより引用

なにが違うかというと

第一世代Apple Pencilが抱えた問題をクリアところ+新機能

というところです。

こちらも具体的に掘り下げていきます。

第二世代に関してはコチラの記事もご覧くださいね。

【完全解説】進化した最強のペン。Apple Pencil2の【使用感レビュー】

2019-08-25

大きさ

第二世代Apple Pencilは第一世代に比較して短くなっています。

これにより、筆記のときの重心が変わっています。家電量販店の店頭でテストした感じだと、より書きやすくなったと感じます。

充電

ここがまず1つ目の変化です。

前述のとおり、第一世代Apple Pencilはそのダサい充電方法から批判を浴びに浴びていました。

ここはこのように対応してきました。


Apple公式サイトより引用

サイドにくっつけることができるようになりました。そしてここで充電をします。
そう、端子に差し込まなくてもいいのです!!(ここ重要)

見た目改善はもちろん、基本的にここに付着させておくことが多いと思うので、毎回ほぼ充電100%から使えるということです。

第一世代は気付いたら「充電ないや…」ってなりがちでしたが、第二世代は常に100%
羨ましい…

しかし気をつけなければいけない点がひとつ。
充電方法が「サイドにくっつける一択」となってしまったことです。(少なくても私の知るかぎりでは一択です)

まあ、ずっとくっつけておくはずなので気をつけるというレベルでもないでしょうが、念のため。

転がる問題

ここも改良してきました。2つ目の変化です。

第一世代Apple Pencilは完全な円柱状でした。それに比して第二世代Apple Pencilはフラットな面もあるので(このフラットな面をサイドにくっつけて充電しています)、コロコロ転がることはありません。

また、少しマットな感触にもなっているので、第一世代Apple Pencilみたくツルツルもしません。

その他の変化

その他の変化として2つあります。

まずは1つ目は新機能として+αの機能を実装してきました。

ペン先をダブルタップすると、消しゴムやペン種類変更などのツール変更ができるようになっています。

この実装は嬉しいところで、普段からアプリで文字やイラストを書いている方は歓喜の声をあげるでしょう。

手元でもペン種類を変更できることで、よりデジタルペンらしくなりました。

次に2つ目として「キャップレス」となったこと。これが意外と大きい。

充電方法の変更により、頭のキャップがいらなくなったわけですが、これでキャップがなくなる不安とオサラバできます。

Apple Pencilの使用用途

ペンというくらいなので

  • 筆記
  • イラスト

この2点に絞られるかなと思います。一応Safariでのスクロールもできますが、これは指でやればいい話なので割愛します。

私はイラストに関しては悪い意味での画伯(笑)なので、その辺の感触は全くわかりませんが、ノートに記述する方の筆記に関しては細かいこだわりもあるのでお伝えできるかと思います。

でもその前に筆記における気になる点を2つあげておきます。

筆記における気になる点

Apple Pencilに限らず、デジタルペンの弱点として

  • ペンの追従性
  • ペン文字の太さ

があります。ちょっと掘り下げて説明します。

ペンの追従性

ペンの追従性に関しては、主に次の2つが主因となりそうです。

  • iPadのスペック
  • アプリ側の問題

結論から言えば、ペンの追従性に関しては『iPad Pro』が最優秀賞です。

ネットのレビューを見ていると、どのiPadの種類でもあまり差がないという意見も散見されますが、私的にはiPad Proが頭ひとつ抜けている存在です。

理由としては詳しいことは検索すれば出てくるので割愛しますが、iPad Proではペンの追従性を滑らかにするテクノロジーが使われています。ほかのiPadには使われていないので、特に速記する場合は明確な差を感じることになります。

アプリによっては、そこまで差を感じないものもあるのでそこを頼ってもいいかもしれません。

そこで!超神経質な私が選んだアプリをご紹介しておきます!

  • 速記やマインドマップを書きなぐりたい時は『Notability
  • PDF注釈や特定のジャンルのノートを作成したい時は『GoodNote5

このほかにも『Noteshelf2』というオシャレで、バックアップがEvernoteという神アプリもあるんですが、このペンの追従性という点に関しては上2つのアプリに勝てない部分がありまして、現在は多用しておりません。

今後改良されれば、機能自体は最高のアプリなのでぜひ使用したいと思っています。

少なくてもApple Pencilの接続不良(ペアリング不良)といった話はあまり聞いたことがありませんのでご安心を。

ペン文字の太さ

ペン文字の太さに関してはApple Pencilの問題ではなく、使用するアプリの問題となります。
この辺は特に心配いらないかと思います。ここ最近のアプリは開発者様がものすごく頑張ってくれているので素晴らしい出来となっています。

有名どころのアプリでは前項であげた3つのアプリが優秀で、それぞれ甲乙つけがたいです。
どのアプリにも太さやペンの種類を選ぶ機能は充実してますので、あとは好みといったところだと思います。

アプリの話になると、ものすごく長くなるので今回は割愛します。

では実際に使用用途は?

これは十人十色だと思いますが、私の使用用途をあげていきます。

  • マインドマップの作成
  • 買い物リストの作成
  • 簡単なメモ
  • ブログのアイチャッチ画像の作成
  • 勉強用ノートの作成
  • プレゼン時(PowerPointやkeynote上で書き込みながら解説することが多いです)
  • 顕微鏡で撮影した画像への書き込み

ザッと考えついたのでこれくらいです。今までメモ帳やノートでやっていたことを全てiPad miniやiPad Proでやっています。

もうなくてはならない存在ですね。

まとめ

いかがでしたか?

まだまだApple Pencilは奥が深いので説明できることはまだあるのですが、どれもアプリや使用法によって話が脱線していくので、それは今後ちょっとずつエントリとして記事にしていこうかなと思います。特にアプリは。

まとめとして言いたいことは

だっぴー
だっぴー
Apple Pencilは人生を変えるペンだよ!

ってことです。いや、マジで、本当に。

高額なiPhone買うくらいなら、iPadとApple Pencilを買った方が確実に生活の質と仕事の質が向上します。

これだけは保証します!

もし気になる使い方や「ここはどうなってるの?」ってギモンがありましたら、お気軽にコメントしてくださいね。

Follow me!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。