だっぴー
だっぴー
どうも、だっぴー(@duppyclub)です。

今回は極度の体調不良期間中に導入した「iPad Pro11inch(2018)」のレビュー記事となります。

発売されてからもうすぐ1年くらい経とうとしているこのデバイス。

なんでこのタイミングで購入したのか?
また、使ってみてどんな感じなのか?

では早速ファーストインプレッションとしてレビューしていきます。

この記事を読んでわかること
  • iPad Pro11inch(2018)モデルのいいところがわかる




進化を感じた点

私自身、少し前までiPad Pro10.5inchユーザーでした。なので、iPad Proの素晴らしさは体験済みなのですが、それでも驚きを隠せないくらい衝撃でした。

それは下記のとおり。

  • Apple Pencil2
  • 動作がサクサク
  • 360°どの角度でも認証されるFace ID
  • ベゼルレスフルディスプレイ

1つずつ深掘りしていきます。

Apple Pencil2の進化がすごい


とにかく「すごい」の一言です。

これはハード面の驚きではないのですが、Apple Pencil2は従来のApple Pencilにはない機能と性能を兼ね備えています。

ペンをホールドする部分をダブルタップすることで、各アプリに割り当てられた機能を使うことができます。

私の場合はノートアプリで使うことが圧倒的に多いですが、主にペンと消しゴムの機能を画面タッチなしで切り替えることができます。

購入する前は「そこまで変わらないだろう」と思っていたのですが、過去の私にこう言いたいです。

Appleを舐めるな!

切り替え時間なんてコンマ数秒ですが、そのコンマ数秒がなくなるというだけで格段に効率化できます。

いうならば赤青黒のボールペンを各1本ずつ使って作業していたのが、3色ボールペンになった感じ。

切り替えの時間って意外とクリエイティブな思考を奪ったり、覚えていたことを忘れるのに十分な時間なんだということがよくわかります。

Apple Pencilについては過去の記事でもご紹介しているので、そちらも見てくださると嬉しいです。

【完全解説】最強のペン。Apple Pencil。

2019-04-21

動作がサクサク


これは当たり前というか、そうでなくてはいけないのですが、とってもサクサク動いてくれます。

A12X bionicチップセットは現時点で最高の性能を誇っており、どんなアプリでも処理落ちはしないですし、本当にサクサク動いてくれます。

3Dゲームをプレイしている友人も、ストレスなく使えていると言いますし、とにかくバケモノ級のスペックです。

正直なところ、こんなにスペックいらないから、もう少し価格を下げてくれると大助かりなのですが。。。 私が想定しているユースケースは次のとおり。

  • ノートアプリを使った「iPadノート化計画」
  • youtubeなどのコンテンツ消費
  • マインドマップを書くためのデバイス
  • MacBook Proを持ち運びしたくない時のサブデバイス
  • MacBook Proで作業したくない時のブログ執筆ツール
  • 論文や資料などのPDFへ直接書き込み

これだけの作業をしても、全然耐えてくれそうです。

集中して作業するには、アプリ落ちとかされると萎えます。多少オーバースペックでも、それで安心感が得られるなら必要な投資かなと思っています。

これくらいの作業ならば以前使用していたiPad Pro10.5inchモデルでもできそうですが、これは後述するとします。

それにしてもA8チップのiPad mini4が今でもバリバリ現役ってのを見ると、iPad Pro11inch(2018)も4年くらい軽くいけてしまうのではと感じますねぇ。

360°認証されるFace IDは便利


iPhoneのFace IDは縦方向で持ったときしか認証されないのに対して、iPad Pro(2018)のFace IDは360°どの角度でも認証されるようになっています。

これははっきり言ってとても便利です。iPhoneにも搭載してほしかった… 横向きでロック解除できると、カバーのスタンド機能でiPad Proを立てて、PCライクに使用するときに真価を発揮します。

これまでのTouch IDでは、ホームボタンに指を持っていくって作業が必要だったのに対して、今回のFace IDでは、ただiPad Proの前でスペースキーを押すだけでホーム画面が表示できてしまいます。

地味ですが、これはよりPCライクに使うことが出来るので嬉しいポイントです。

ベゼルレスフルディスプレイ

これも大きな変化でした。

ベゼルレスとはいうものの、完全なベゼルレスではなく「均等なベゼル」といった感じでしょうか。 しかし、これがいい。

画面への没入感を高めてくれます。 10.5inchモデルはTouch ID認証なので、ベゼルにホームボタンが配置されていました。

もちろん作業できないわけではないですが、集中できない感じがしていました。

今回の11inchモデルでは、まだ触って少ししか経っていないですが集中して作業できる環境かなと感じています。




残念なところ

一方で残念なところもあるのも仕方ないところ。 完璧なデバイスなんて存在しないですからね。

smart folio


Apple純正のカバーケースです。

なので、デバイス本体の残念なところとは少し違いますが、少々お付き合いください。

毎回新しいデバイスを買うたびに純正品をテストしていますが、今回のsmart folioは価格9,800円(税抜き)の割には「安っぽくて、使いにくい」です。

スタンド機能や画面保護の役割はしっかりと果たしてくれてはいるものの

  • フラップが開けにくい
  • なんか安っぽい
  • Apple Pencil2の保護は出来ない
など、とりあえず外したくなるレベルです。

いっそのこと外して使いたいのですが、背面のカメラ部分が出っ張っているので、テーブルにおいてつかうとガタつくのが残念なところです。

この辺はもっとしっかり作り込んでから発売してほしかった…

慣れが必要なところ

Face IDの認識カメラ部分

k
360°認証はとても便利なのですが、それ故に「カメラ部分を上にして持つ」など特定の向きで持たなくなります。

そうするとどんなことが起こるか?
Face IDのカメラ部分を指で隠してしまうようになるのです。

指で隠してしまうとこのように表示されて「指どけろよ」と指示してくれるのですが、これがちょっと慣れが必要なところかなーと感じています。

まとめ

サクッと書くつもりが、3500文字超になってしまいました。ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

結果的には今まで買ったApple製品の中では、アップデートされた箇所はとても地味ながらも便利なものになったという点で最高のデバイスとなりました。

さすがにMacBook ProとはOSが違うので比較できないですが、今年秋にはiPadOSも登場し、ますます便利になっていくと思っています。

同時に新iPadも登場するとは思いますが、10月から増税してしまうので、今回このタイミングでiPad Pro11inch(2018)を購入できたことはいい判断だったかなと思います。

10.5inchモデルでも十分サクサク動いていたので、当分はよき相棒として働いてくれそうです。

購入に迷っている方がいれば、この機会に思い切って購入してみてはどうでしょうか?

ではまた!

Follow me!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。