【60日レビュー】歴代最高の名機!iPhoneXS【変えるならコレ】

iPhoneXSに変えてから約60日が経ちました。

今回は難しいこと抜きにして、カンタンにiPhoneXSの魅力と欠点を書いていきたいと思います。

iPhoneXSと言えば、以前🔽こんな記事🔽を書いているんですが、今回のはiPhoneXSのみにフォーカスした記事です。

【後悔しない】iPhone XSとiPhone XS MAXの選び方【完全解説】

2019-06-24

結論からいえば
買うか迷っているなら今すぐ買うべき!
です。
控えめに言っても最高な機種で、今後これ以上の機種はなかなか出てこないのではと感じています。

では、その理由を見ていきましょう😌

この記事の根拠
・使い始めて2ヶ月
・2ヶ月経って購入時の興奮もなくなってきたので冷静にレビューできます
この記事を読んでわかること
iPhoneXSのメリット・デメリットがわかる




生産性爆上げ

iPhoneXSは歴代の機種の中でもダントツで生産性の爆上げをしてくれます。

その理由としては大きく分けて3つあります。

生産性爆上げ3つの理由
・最新のチップ A12bionic
・5.8インチフルディスプレイ
・バッテリー

A12bionic

iPhoneXSは最新のチップセットを搭載しています。

最新機種なので当たり前といえばそうなのですが、画面移動する際やアプリの立ち上げに時間がかからないので、スムーズな操作が可能となっています。

操作がカクついたり、もっさりした動作になると作業スピードに差が出てきます。
ということは生産性にも大きく影響してきて、無視できない要素となります。

正直なところ現在(2019年7月時点)時点でA10くらいのスペックがあれば十分操作できると思いますが、私のブログ執筆スタイルが3つのアプリのみで成り立って入るので、あまり差がわからないところでもあります。

モブログ(モバイルブログ)を目指している方は、間違いなく最新の機種の方がいいです。
もっさりした動きで執筆のスピード感が損なわれるのはもったいないので。

5.8インチ フルディスプレイ

iPhoneXSは5.8インチのベゼルレスのフルディスプレイとなっています。

iPhone8のサイズで、iPhone8plus以上の大きさのディスプレイを備えているというのは、思っているより快適に操作や閲覧ができます。

そして、フルディスプレイならではの機能として「アプリ切り替え」があります。

iPhone8までのホームボタンありの機種でもあった機能ですが、フルディスプレイになってからはもっと簡単になりました。

画面下部のバーを左右に動かすとアプリ切り替えができるのですが、これが秀逸。

私の場合は「メモ」「Copied」「ithoughts」を立ち上げてブログ執筆していますが、パソコンで作業するのとさほど変わらない速度で執筆できます。

余談として・・・

ちなみにこれらのアプリの説明をさせていただくと・・・

・メモ ▶︎ ブログのエディタとして使用
・Copied ▶︎ テンプレの貼り付けなど、クリップボード的な役割
・ithoughts ▶︎ マインドマップアプリ。ブログの下書きで使用。

バッテリー

iPhoneXSのバッテリーは1日持ちます。もちろん、 YouTubeなどの動画垂れ流しをすると流石に持ちませんが、通常のネット検索くらいの用途で使うならそんなにバッテリー消費しません。

これによってモバイルバッテリーから解放されたっていうことは、1つストレスから解放されたと同義なので目に見えない恩恵を受けています。

もちろんブログ執筆くらいなら問題なしです。

結構ハードに使って1日の終わりに30%くらい。これなら心配しなくていいですね。




デメリット

いいところばっかり言ってもAppleの回し者と思われてしまうので、しっかりデメリットもお伝えしていきます。

ぶっちゃけそんなにないっていうのが正直なところですが、強いてあげるなら・・・

Face IDの完成度

これはまだ未完の技術なので仕方ないですが、ちょっと不満な点もあります。

認証精度はあまり気にならない(寝起きなどはNGですが)のですが…
問題は横向きに対応していないというところですね。

以前、iPhoneXS x Magic Keyboardという組み合わせでブログ執筆していた時期もあるのですが、これはこれで1つのモバログの完成形かなと思っていました。

しかし、Face IDが横向きに対応していないせいで、認証のするたびに縦に持ち替えたり、顔ごと横向きにしないといけないのがなんともスマートじゃない感じがして(実際周りから見たら結構情けない感じになります)

これもAppleさんは問題点として認識しているのかどうなのかってことですが、現在噂程度であるものの「画面内蔵Touch ID」を開発しています。

これは以前の技術であった「Touch ID」をホームボタンなしで画面上で認証しようとするもので、Appleファンの中でも待たれていた機能の1つでもあります。

Face IDxTouch IDって組み合わせが最強な気もしますが、それだと端末代がどんな事になるか想像つかないので、あまり現実的でないかもしれませんね。

Face IDもまだまだこれからの技術であると思うので期待しておきたいと思います。

大画面が欲しくなる現象

これは5.8インチもあるのに何言ってんだと思われるかもですが、使ってみないとわからない感触の1つであります。

実際に5.8インチというのは結構大きいです。最近のトレンドである大画面スマホの流れを汲んだものですが、5.8インチでも小さいなーと思うこともしばしば。

YouTube閲覧時しかり、Kindle閲覧時しかり・・・何かと大画面でみた方がいいものでは5.8インチでも小さく思えます。なのでiPhoneXS MAXが欲しくなったり・・・(⇦これはデジャブになるので我慢してます。詳しくは🔽コチラ🔽の記事をご覧ください)

【なんでだ!】 iPhoneXSMAXからiPhone8へ!なんでこうなった?

2019-01-19

【後悔しない】iPhone XSとiPhone XS MAXの選び方【完全解説】

2019-06-24

6.5インチのiPhoneXS MAXだと解決できることも多いのですが、とにかく重い&デカイ
iPhoneXRだと、とにかく厚い&重い

持ちやすさと画面サイズを勘案すると、ちょうどいいのがiPhoneXSなのです。

大画面は確かに欲しい。こう思ってしまうのが、デメリットというか悩ましいところです。




迷っている人は今すぐ買うべし

iPhoneは毎年新機種が発表され、どこかの時点で買わないと一生買えないです。

スペックや新機能を求めていくと、イタチごっこになりそれも得策ではないです。

なので、自分が求めるものをはっきりさせておくことが一番満足いく買い方ではありますが、iPhoneXSが欲しいと思っていて、まだちょっと迷っている方は断言しておきます。

絶対買いましょう!!間違いなく歴代最高の名機です!

そもそもこれからのiPhoneやスマホは顔認証がスタンダードになっていきますし、スペック的にも頭打ち感が否めないです。

なので、ここら辺でスマホの完成形である「iPhoneXS」を持っておくことで、数年は後悔しない選択ができると思います。

9月にはios13と共に、新機種が発表されるものと思われますが、これまた噂程度ですが背面カメラがトリプルカメラになります。これってダサい気がするのは私だけでしょうか???

そもそも、そこまで待つこと自体得策ではないです。せっかく体験できることを自ら機会損失してしまっているので、最新のiPhoneを待つのでなく、十分な性能を持ったiPhoneXSは候補に入ってしかるべきです。

9月まで待てないって方や、ちょっとでも気になって買える方はこの際思い切って買ってしまいましょう!

きっとステキな体験が待ってますよ!!

もしこの記事をみて買ったという方がいらっしゃったら、ぜひコメント欄にて教えてくださいね!

Follow me!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。