【後悔しない】iPhone XSとiPhone XS MAXの選び方【完全解説】

どうも、だっぴー(@duppyclub)です。

新型iPhoneが登場してから約9ヶ月がたちました。が、これから機種変更などで迷っている方も多いのではないでしょうか?

今秋に登場するiPhone11はトリプルカメラやTouch ID内蔵ディスプレイになるという噂以外は大きく変わらないという感じで、ますます完成されたiPhoneであるXSとXSMAXの需要があるのではと思います。

今回はそんな2機種の比較をしつつ、どちらを選んだらいいかを解説していきます。

〜この記事を読んで得られること〜

 

iPhone XS とXS MAXをじぶんにあった用途で選べるようになる

 

では、解説していきます。(長いので、目次から飛んでもらっても大丈夫です)

iPhone XSシリーズを選ぶ理由

そもそも現在のiPhoneラインアップは多すぎです。

安価なiPhoneとしては7をはじめ、8もまだまだ現役です。安価といっても8万円前後するのですが、それでも現在のインフレしたiPhone価格からすれば安いほうです。

スペック的には十分すぎるくらいで、iPhone8とXSシリーズで大きく異なるのは次の点。

  • カメラ性能
  • Touch IDかFace IDか
  • 画面サイズ

くらいでしょうか。細かいこと言えばもっとありますが、大きく言えばこの辺かと思います。

ではなぜiPhoneXSシリーズを選ぶのか?

iPhone XSシリーズを選ぶ理由としては以下のことが挙げられます。

  • 大きい画面のiPhoneがいい
  • 最新の機能(Face ID)を試してみたい
  • バッテリーの持ちがいい
  • ベゼルレスディスプレイがいい
  • カメラ性能がいい

ですね。

ではこれら理由に対して、現実はどうなのか。また、こんな要素もあるよってことをご紹介していきます。

iPhone XS(5.8インチの方)の現実

 

現在、私はiPhoneXSを使っています。過去の記事でも書きましたが、【7→X→8→XSMAX→8→XS】と完全にiPhone難民でしたね。出費がとんでもないことになりましたが、いまはこれで落ち着いています。

この理由はコチラで書いていますので覗いていただければよろしいかと思います。

ではiPhoneXSの現実として、上記の理由を引用してお知らせします。

  • 大きい画面がいい→plusシリーズと同じく考えたらダメです
  • 最新の機能(Face ID)を試してみたい→合う合わないがあるので、試してみるのもアリです
  • バッテリー持ちがいい→たしかに良いです。ですが、過度な期待は禁物
  • ベゼルレスディスプレイがいい→これ要注意です。
  • カメラ性能がいい→これはオススメ。綺麗ですよ。

大きい画面がいい

Plusシリーズは5.5インチ、それに対してiPhoneXSは5.8インチ。
数字だけ見れば大きいです。でもちょっと待ってください。横幅が違います。

Apple公式サイトによれば、こんな感じです。

…約7mmも違います。
ということは、持った感触も全然異なるということ。この点は要注意です。

数字に踊らさせてはいけませんよ!

最新の機能(Face ID)を試してみたい

これはTouch ID信者には辛いものとなります。

が、慣れる人は慣れるらしいです。

私はこれがどうしてもダメで一回iPhoneXS MAXを放棄しました…(これもコチラの過去記事で書いています…)

ですが、素晴らしい機能であることには変わりなく、最近は慣れたのかストレスフリーな気もしてきました。

今秋に登場すると噂されているTouch ID内蔵ディスプレイが現実のものとなれば、これほど素晴らしいものはないですが、とんでもない価格となりそうですね(^◇^;)

シンプルでいいんですよ、シンプルで!この辺はAppleさんにお願いしたいところであります。

バッテリー持ちがいい

以前使っていたiPhone8に比べれば、確実にいいと思います。
『格段に』とまではいかないですが、1日中程度ハードに使っても、20%切るか切らないかくらいです。

なので、モバイルバッテリーは持ち歩かなくなりました。急速充電(パワーデリバリー)対応なので、対応した充電器を使えば30分で50%くらいまで回復するのもいいです。

もっともこれはiPhone8にも搭載されている機能ですが、iPhone8だと、すぐ50%切ってくるので、モバイルバッテリーがないと不安でした。

少しでも荷物を軽くしたい私にとっては、モバイルバッテリーを持ち歩くというのが本当に大問題で、どうやって無くそうか…と考えていたところ、iPhoneXSのバッテリー持ちは【ちょうど良い】持続感で、いまではオススメできるポイントでもあります。

ベゼルレスディスプレイがいい

これはiPhone8までのユーザーさんはとにかく試してみたい気持ちでいっぱいですよね。

いくらTouch IDがなくなろうと、ワクワクしますよね。
私もiPhoneXに変えた時は同じ気持ちでした。機種サイズと画面サイズが同じってどんな感じなんだろう…って。

最新のスマホはだいたいこういう感じですし『こういう時代』ですね。これから先のスマートフォンはこういく感じで推移していくのではないでしょうか。

少なくても折りたたみディスプレイにはならないと思います。コストが高そうなわりに、ニュースでもあったように壊れそうですよね。ただでさえ、『手のひらパソコン』のスマホが折りたためるなんて、ちょっと想像できないですね。

…話を戻しましょう。ベゼルレスがいいかと言われれば、答えは「YES」です。

小さいサイズで、可能な限りのディスプレイを搭載しているというのは、思っていた以上に快適ですし、なにより「これ以上大きいディスプレイで操作したい。でも本体大きくなるのは避けたい…」っていう感じになり、結果的に満足のいく選択になると思います。

後述しますが、iPhoneXS MAXは6.5インチありますが、その分本体も大きいです。なので、使う人を選びます。一方でiPhoneXSは5.8インチですが、本体はiPhone8とほぼ同等の大きさで、重ねないと差を感じません。ちょっとiPhoneXSの方が厚みがありますが、これがまた持ちやすさに一役買ってます。

この辺も選択基準になってくるかと思います。

iPhoneXS MAX(6.5インチ)の現実

現在は使っていませんが、以前はXSMAXユーザーでした。
ではなぜXSにしたかというと…(その間に8を挟んでいますが)

  • Touch IDと重さが原因

でした。

Touch IDに関しては慣れの問題もあったのか、どうしてもFace IDになれなかった(適応できなかった)のですが、辛かったのは重量です。

XS MAXはケースなしでも200gほどあり、先日発売されたiPad mini(2019:第五世代)の300gに近い重量となりました。

当時の私は、iPhoneXS MAXをiPad化できないかと考えており(この時はまだiPad miniが発売されるなんて知らなかったので)、試行錯誤もかねてXS MAXへ変更しました。

結果…iPhoneの重さではなかった…これもうiPad miniじゃんとさえ思いました。
ケースもつけていたせいもありますが、とにかく手が疲れる。

貧弱かと言われれば、いつも顕微鏡ばっか見ているので否定はしませんが、これでもスポーツもしており、そこまで貧弱じゃないとは自負している私でも「ああ、重い」っていう。

ましてやこれで、電子書籍なんて読めたもんじゃない!って感じて、アホなことに手放してしまったんですね。今考えればアホすぎる…

ちょっと前置きが長くなりましたが、XS MAXの現実としてはほぼXSと変わらないです。

公式ではバッテリー持ちがXSより1時間ほど長く持つそうですが、実感としてはこんな感じ。

 

だいたいXSで残30%くらいかなーという感じで使ったとして、XSMAXだと残50%

 

 

数字に出てこないところなので、使用環境もあるとは思いますが、体感は「持つなぁ」です。
それこそ、モバイルバッテリーはいらないです。どこか充電できるカフェでも入れば、回復できるレベル。

その他、カメラ性能や認証システム(Face ID)は同じ、サイズはさらに大きくなりますが、Plusシリーズとほぼ同等、むしろちょっとだけ小さいです。

このサイズ感に関しては、持った感触なども十人十色なので、家電量販店などで一度体験した方がいいですね。

カメラ性能がいい

これはオススメできるポイントのひとつ。特に夜景や暗闇で威力を発揮します。

ディスプレイがOLEDという黒の発色がいい(というか黒は発色していない)というメリットはあったとしても、本当にキレイ。

繰り返しになりますが、ここは本当にオススメ。

カメラはコンデジあるからって人は、当然コンデジの方がキレイだと思うので、そんなに気にしなくても大丈夫。スマホのカメラとしては十分すぎるくらい優秀なので。

ここからが重要。用途で考える

ここまではあくまでスペック的な部分に注目してきました。

ここから先は用途で考えます。こう考えれば少しくらいのデメリットがあっても、メリットが上回っていれば後悔が少ない選択ができますよ。ここからiPhoneXSとXS MAX、どちらを選んでいいか見えてきます。

カメラ

これは前述したとおり、コンデジを持っている人にとってはそこまで驚きではないかもしれないです。

でもだいたいの人は、スマホで写真を撮ることが多いと思います。

そんな人には手軽にキレイな写真が取れるiPhoneXSはオススメです。

ここにXSとXS MAXの差はないです。あるとすれば撮ったあとにより大きい画面でみれるかどうか、ってところだけ。

アプリの使い心地

ネットニュースやインスタなどのアプリを使う際は、一度に情報量が多い方が視認性がいいですよね。

これはiPad miniクラス(7.9インチ)のタブレットを使うとよくわかるのですが、一度の情報量が多いと快適そのものです。

視認性を上げたいって人はXS MAXを選ぶといいでしょう。

電子書籍

今回の記事で言いたかったポイントの1つはコレ。ここまでくるのに約4000文字…

電子書籍は圧倒的にXS MAXの方がいいです。紙の本に比べたら、縦横の比率が違うので少し読みづらい部分もありますが、それでもOLEDディスプレイのおかげもあり、目が疲れずに大画面で見ることができます。

XSでも十分すぎると思いますが、XS MAXの方がいいです。

これに気づけなかった当時の私に言いたい。
「XS MAXにしとけ」と。

文字入力

言いたかったポイントの2つ目がコレ。

これは男性と女性(と区別するのはアレですが、一般論として)で違ってくると思いますが、手の大きさで変わってくると思います。

実際私の手はXSとXSMAXの中間くらいの機種を欲しがっていますが、そういう時は小さい方を選んでおいていいと思います。

なんでかというと、この場合は「大は小を兼ねない」からです。

ちょっと想像してみてもらえばわかるかと思いますが、サイズが大きすぎてキーボードの文字が打てなかったら、それだけで萎えますよね。なんで指が届かない方を選んでしまったんだと。

片手キーボード(iPhoneのキーボードの地球儀を長押しすれば出てくるメニュー)も用意されていますが、基本的にはフルサイズのキーボードを使いたいところです。

ということで、単に「大きい方が打ちやすそう!」って飛びつくのではなく、自分が片手打ちが多いのか、両手打ちが多いのかを考えてから、実機を触って確かめましょう。

「家電量販店にいくと店員さんにしつこくされるからちょっと…」とか「近くに店舗ない」って方は、ぜひ背伸びしないで小さい方を選びましょう。たぶん後悔します。

さらに私のようにiPhoneでブログ執筆したいとか思っている方は要注意。
ここ失敗するとほぼ確実に後悔します。本当に痛いポイントなので、繰り返しますが、要注意です。

どうやって持ち歩く?

ポケットにいれるか、カバンにいれるか。

これでだいぶ変わります。

たとえばiPhoneXS MAXの場合…
ポケット勢は、ジーンズの前ポケットにいれるとほぼ確実にパツパツになり、椅子に座るときに体にめり込みます

一方、iPhoneXSの場合…
ポケット勢はギリギリ大丈夫。というか、身長が低めな私でも極端にタイトなジーンズでもない限り、体にめり込まないので大丈夫かと思います。

この辺も使ってみないとわからない部分ですよね。ぜひ参考になれば嬉しいです。

まとめ

結構な長文となりましたが、今回は力を入れて書きました。
なんていってもApple製品が好きなので。

今回からちょっと執筆スタイルを変えて書いてみたので、読みづらい部分もあるかもです。

わかりにくいところがあったら、ぜひコメントいただけると改善していこうと思うのでよろしくお願いします。

では、まとめ。iPhoneXSとiPhoneXS MAX。この2機種を選択するには…

・自分の使用スタイル
・持ちやすいか
・iPhoneで大量の文字を打つか否か

 

で考えてみればまず間違いないかと。

これ以外はここまで書いたポイントを振り返っていただけると、少しは参考になるかなと思います。

もしもっといい鑑別点(言い方が職業病)があれば、ぜひコメントにて教えていただけると嬉しいです!

Follow me!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。