【使い方次第】iPhoneXSでブログは書けるか?【可能性は♾】

どうも、ブログ完成前にワインを飲んでしまいました。だっぴー(@duppyclub)です。
順番間違えた・・・

今日はiPhoneXSのみでブログは書Aけるかということについてです。

ブログ執筆環境を試行錯誤して1週間ほど経ちますが、いまだに迷走中です。

iPhoneで書いてみたり、iPad miniで書いてみたり、MacBookで書いてみたり。
体感では更新までのスピードは【 MacBook > iPad mini ≧ iPhoneXS 】といった感じでしょうか。

MacBookで執筆が一番早い気もしますが、MacBookだと場所を選びます。

その点では、iPhoneは「どこでも」「いつでも」作業できるので非常に重宝しています。
(iPad miniに関しては迷走に迷走を重ねたので、↓コチラ↓の記事もごらんください!)

【iPad miniレビュー】
10日目 / 20日目 / 30日目 / 40日目 / 60日目

 

そしてここ数日は、iPhoneXSの可能性に驚かされてばかりです。ほかのiPhoneでは考えられないくらいブログ執筆のスピードが違いますし、快適そのものなのです。

そして結論からいえば、iPhone一台でブログ執筆から更新まで出来てしまいます

ということで先日このようなツイートをしました。

それにしても、iPhoneXS使いやすいなー。iPad mini2019がどんどん化石化していく…iPhoneに無限の可能性を感じるのは自分だけだろうか…

ではなぜ無限の可能性があると思ったかを、とくにブログを書くといった視点から掘り下げていこうと思います。

持ちやすい


私は以前iPhone8使いでした。

そのときも持ちやすいなーとは思っていましたが、若干薄い気もしていました。
iPhoneXSはiPhone8より少しだけ重く厚めです。しかし、厚みがあるので持った時のホールド感が抜群です。

これがブログを書く上ではとても重要です。
3000文字とか書くと、間違いなく疲れますし、指も痛くなります。

また、どこでも書くということも大切な要素かと思います。両手で書けないよ…って場面もありますが、コレを使えば解決↓

ホントに神ツール!私はiPad miniにもつけてるくらいヘビーユーザーですが、これなくしてもうiPhoneやiPadは持てないというくらい使いやすさ万能です(今度、ビバヒーローだけの記事も書きます)

ただ、少しだけ小さいかも…とも思い始めているので、またiPhoneXSMAXも検討するかもしれないです。

アプリ間移動しやすい


これがiPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXR、iPhoneXSMAXの特徴でしょう。

iPhone8ならエッジスワイプという方法で、アプリ間を移動する方法もありましたが、いかんせんやりずらい。

iPhoneX系からは、画面下のバーを横にスワイプすると簡単にアプリ切り替えができます。

マークダウン記法で書くこともありますが、最終的にHTMLで書くことが多いです。
そして、HTMLで書いているとタグやコードを書く必要もありますが、iPhoneのキーボードでは少しやりにくいです。

そこでクリップボード系のアプリを使ってコピペすると、簡単に枠つけしたりできるのでオススメです。

ちなみに実際のやり方としては私の場合は「iA writer」と「Copied」というアプリだけを立ち上げて、移動するって方法です。

この2つだけでも、十分に執筆スピードを高めることができます。

大画面

近年のiPhoneは大型化しています。

iPhone8→4.7インチ
iPhone8Plus→5.5インチ
iPhoneX→5.8インチ
iPhoneXS→5.8インチ
iPhoneXS MAX→6.5インチ
iPhone XR→6.3インチ

Apple公式をチェック!

ブログをiPhoneのみで済ませるなら5インチ以上は欲しいところです。出来れば6.5インチのiPhoneXS MAXがいいでしょう。(今さらながら、なんで手放してしまったのか…くっ)

なんでもそうですが、大画面で作業すると捗ります。それはiPhoneでも例外ではありません。

もし画面サイズにこだわりがなくて、ブログや文字入力デバイスとして使おうとしているなら、なるべく大きい画面サイズを選ぶことをオススメします。

スキマ時間の活用

MacBookだと、腰を据えての作業になります。

そんな時間は現代人にはない!だからこそ、5分でもスキマが空いたらメモでもいいから書き溜めることが大切です。そうでもしないと、時間が足りません。

一方で・・・

今回の趣旨とは違いますが、iPhoneのみの執筆で、あえてデメリットをあげるとしたら次の2点。

・誤字脱字に気づきずらい
・MacBookよりは執筆スピードは落ちる

MacBookよりスピードは落ちるのは当たり前ですね。そりゃキーボードで執筆した方が早いに決まってます。
(音声入力+優れたフリック入力ができる方なら別かもしれませんが)

誤字脱字に気づきずらいのはなんででしょう・・・
仕事でもそうですが、PC上で気づけないのに、紙印刷するとなぜか気づくってこともあるので、単に見返しの回数の問題なのか、見返す手段(紙なのか電子媒体なのか)の違いなのか。

この辺はよくわかりませんが、体感として誤字脱字が多くなる傾向があります。

まとめ


ブログを書く上で、なんでiPhoneXSがいいのかってことですが、まとめるとこうなります。

・iPhoneが厚みがあるので持ちやすい
・アプリ間移動がしやすい
・大画面
・スキマ時間で書ける

Android機やiPhone8以前の機種でも、ブログは書けると思いますが、特にアプリ間移動という面ではiPhoneX以降の機種は秀逸だと思います。

もし実際に気になりましたら、家電量販店や携帯ショップで試してみることをオススメします。

きっと感動しますよ!

Follow me!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。