【今日のひとこと】iPhoneに画面保護フィルムは必要か

だいたいの方がiPhoneに画面保護フィルムを貼っていると思います。

たしかにiPhone高価ですし、一回傷付いたらショックですよね。

かくいう自分も前まではしっかりと高価な画面に、高価なフィルムをつけていました。そう、速攻で割れるまでは。

ちょっと考えてみよう!

ホントにいる?そのフィルム

ガラスフィルム、ペラペラのフィルム、プラスチックフィルム。どのタイプでも共通していることがあります。それは次の2点。
– 美しい画面が覆われる
– 操作性が損なわれる

この2点を掘り下げていきます。

裸でこそ美しい

画面保護フィルムを貼ると、透過率の問題で少なからず視認性が悪くなります。光の屈折率とかも変わってくるはずですから当たり前といえば当たり前なのですけど。

せっかく美しいiPhoneのRetinaディスプレイを堪能しないのはもったいない!
特に有機ELディスプレイを搭載したiPhoneXS系では、黒色の見え方が違います。もうホントにダークモード最高。

巷ではiPhoneXになってから画面が傷つきやすいということもチラホラ聞きますが、私はそこまで酷いとまでは感じませんね。

個人的に思う綺麗な状態を保って良いことって、リセールの時くらいで、傷がつくたびに自分のモノって感じがします。

なので、リセールを考えていない場合は裸で使うことをオススメしたいです。ケースすらいらない!
(でもビバヒーローは必須です!)

操作性が…


iPhone8の時はそこまで感じなかったものの、やはりホームボタンと画面の高低差がないというのは気持ちいいものでした。

一度使ってみれば絶対わかります。あの快感。

iPhoneX系では、ホームボタンがありません。
これが最大のポイントで、どうしてもiPhone側面が曲面となっていることで画面保護フィルムが端まで届かないです。

するとどうなるか?

特に下部あたりに段差ができ、上スワイプ(ホームボタンを押すのと同じ動き)が格段にやりずらくなります。

画面保護フィルムの中には、この点を改良しようとしてラウンドエッジ(角ばったフィルム端ではなく、丸みを帯びているので手触りがいい)に加工している製品もあります。

ですが、何種類か試してみたのですが、価格が安かろうと高かろうと、この点だけは満足のいく操作性につながる製品はありませんでした。

なので、操作性という点では画面保護フィルムは邪魔でしかない存在なのです。

まとめ

画面保護フィルムが必要な方の条件というのは次の2点になります。

・リセールを考えている
・絶対に画面を傷つけたくない!

ってことですね。

少しでも興味があれば一度試してみるのもオススメです。(傷ついても責任とれませんが…)

今日はこのへんで。次回もiPhone関連で書こうと思っていますので、興味ある方はぜひまたいらして下さいね。

以前にも同じような記事かいているので、そちらもどうぞ!
【考察】iPhoneにカバーや画面保護フィルムは必要なの?

Follow me!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。