【今日のひとこと】サティスファイサーになりたい

当シリーズは【今日のひとこと】は毎日更新する感じでいこうかと考えています。

ということで、疲れていても、時間がなくても、電気がなくても(これはダメですね)とにかく毎日更新していきます!

サティスファイサーになりたい

なんじゃこれは?と思われたでしょう。

さてぃすふぁいさー?

ググれば出てきますが簡単に言うと

満点なんて取らなくていい。赤点じゃなければよくね?

って感じです。

これはアメリカの心理学者バリー・シュワルツ博士が定義したものです。

この反対が「マキシマイザー」と言って、常に完璧な選択を目指すヒトです。

聞こえはカッコイイですが、疲れそうですね…

医療の世界だとマキシマイザーの方が重要視されそうな気もします。

しかし、たいしたことじゃなくても完璧を目指して、完成スピードは遅いなんてのは本末転倒になってしまう場面もあります。

なので重要なのはその見極めです。

確実性をとるか、スピードをとるか

これはモノによって違ってくると思いますが、自分の仕事(臨床検査技師)でいうなら…

• パニック値(ざっくり言うと、生命に危機を及ぼすレベルの検査値のこと)の報告

これは言うまでもなく【スピード】を重視します。気をつけたいのは、確実性を捨てるという意味ではないところです。

この場合はすぐさま検査結果を報告して、治療につなげることが重要です。

• 遺伝子解析の結果報告

これは【確実性】です。そもそも時間のかかる検査ではあるものの、遺伝子はヒトの最重要情報なのでスピード重視で調べて「あ、間違ってました」で済まされないからです。

この場合は絶対的な自信を持って報告できるレベルの確実性が必要です。

何でもかんでも70点はマズイということだけは注意ですねー。

なんにしてもまずは形を作っていく

結果を出しているヒトや企業って、まずは形作って、そこからアップデートなり改良なりをしていることが多いと思います。

とくにGAFA(google、Amazon、Facebook、Apple)に代表される成功を収めた企業は細かいことは抜きにサービスを打ち出して、ユーザーからの意見でアップデートしていく形ですよね。

なので、仕事でもまずは60~70点くらいのものを作り出し、そのまま出すか、そこから状況に合わせて100点に近づける努力をしていくことが重要。

ブログならまずは記事を書く。

うまく書けるかなんて、きっと100記事書いているヒトが1000記事書いたヒトと比べたら、当たり前ですが完成度が全然違うでしょう。

なのて、まずは70点でもいいから圧倒的な量を書いて、テクニックは徐々にアップデートしていく。

これが大切かと思います。マキシマイザーだといきなり100点を目指そうとして挫折したり(そもそも100点の基準てヒトによって違いますし)、場合によっては鬱になってしまうかもしれません。

自分自身、中途半端な記事や仕事はしたくない性格(単に文句言われるのがキライw)で、マキシマイザーになりがちなので、今年の目標に「サティスファイサーになる」も追加したいと思います。

まとめ

ひとことなんて言いつつ1000文字オーバーとなりました。やり方もっと考えないとバーンアウトしそう…

でもこの文字量をiPhoneのみで、1時間かからないくらいで書けてしまったので、これに味を占めて明日以降も継続できるようにします。

IF-THENプランニングとhabit chainをうまく利用して頑張ります。

Follow me!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。