人間の記憶は誘惑に弱い【自分マニュアルを作ろう】

突然ですが仕事終わりに食料品の買い出しに行ったとします。夕食の献立をしっかり立てていたはず。しかし、仕事で疲れたりすると「あーカップラーメンでサッと済ましてしまおうかな」「お惣菜でいいや」なんてことになって、結局全然いらないものを買ってしまった…って経験は誰しもあると思います。

これは「自分はなんて意志力のないんだー!」ってことではなくて、人間はそういう生き物なんだということをヴァージニア大学ティム・ウィルソンとハーバード大学ダン・ギルバートの調査でわかっています。

買い物実験

この調査ではスーパーにきたお客さんに無作為に声をかけて「空腹ですか?」と尋ねた上で、何を買う予定か教えてもらうという実験です。

Aチームは「はい」と答えた客
Bチームは「いいえ」と答えた客(念の為マフィンをあげた)
結果、Aチームの方がアイスやポテチなど予定になかった商品を多く買った。

その後、今度は買い物リストを書いてから入店し買い物してもらった。
その結果、両チームとも予定外の買い物はほとんどなかった。

これで何がわかるかというと、計画を持たず、記憶を頼りにすると誘惑に弱くなるということです。

人は誘惑に弱い

買い物に限らず、人は状況に合わせて都合よく物事を解釈してしまう習性があります。これを防ぐには必要なものやしなくてはいけないことを「頭の外(紙など)に出しておく」のが有効だということが上記の実験でも明らかになっています。

これはどんなことにも応用でき、仕事なら

  • 今日やることリストをデスクの目立つところに貼り出しておく
  • タスクができたら付箋などで出していく

など予め行動を決めておくことで、外部からの誘惑にたいしてある程度の耐性ができます。

やることリストを作ろう

予め行動を決めておくことは様々な角度からメリットがあります。誘惑に強くなるだけでなく、判断力を使わないで行動できたり、やるべきことをしっかりとこなすためにも有効な手段です。そこで自分の中の「やることリスト」を作っておくことで外部からの刺激に惑わされず行動できるようにします。

仕事なら「メールチェックはお昼と夕方の2回だけにする」とか、日常生活なら「朝起きたら、水をコップ一杯飲む」など。なんてことないことを自動化してしまうことで、やるべきことに集中できるようになります。

以前ご紹介した『IF-THEN プランニング』と同様の手法ですね。(→コチラの記事を参照)何通りも作っておくことで、ある程度の行動は自動化できます。また自分の決めた行動を実行できるため、コントローラビリティーも向上します。

休みの日だとこのコントローラビリティーに加えて、『チャレンジ』『ケアフルプランニング』を意識すれば、通常の休み方をすると幸福感や心身のリフレッシュ効果が2週間で消えてしまうのに対して、約8週間も持続することがわかっています。(→【GW間近】有意義な休みにする3つの『C』とは?

このように、自分の行動を決めておくことは窮屈そうに見えて実は有効な手法だと言えます。

 

まとめ

自分の行動を決めておくことはメンタルの改善にも繋がります。満足感や幸福感を感じるためには、自己効力感(セルフ・エフィカシー)が重要です。ぜひみなさんも取り入れてみてはどうでしょうか?必ず生活が変わります!

Follow me!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。