【iPad mini】smart coverを選ぶ理由

こんばんわ、だっぴー(@duppyclub)です。

iPad miniと題してはいますが、iPadを購入すると必ず考えるのが

  • 画面保護はどうしよう・・・
  • ケースはなににしよう・・・

ということだと思います。

前回、iPhoneにカバーはつけるかというエントリのときは散々「傷ついたほうがオンリーワンの製品となる」とか言ってたのに、iPad miniではカバーつけるんだ…と言われそうですが、これには明確な理由があります。

smart coverを選択する5つの理由

そもそもsmart coverって?と聞かれると

画面のみをカバーして、背面はカバーしない製品でAppleが公式に販売しているものだよ

と答えるようにしています。

なぜかというと、Apple社から発売されているものだけをsmart coverと呼んでいて、それ以外はsmart coverとは言わないからです。まがいものが多いので。

当たり外れがない

サードパーティ製のものもたくさん売られていますが、結構当たり外れが大きく、サイズが微妙にずれていたり、すぐ外れたり…

iPad mini4や昔のiPad Airを使っていた時は、これで何回も泣かされました…

軽い

これもサードパーティ製にはない特徴です。

軽量を謳っている商品はたくさんありますが、そのどれもがチープな出来だったり、そもそもサイズ感がちょっとズレていたりと完成度に疑問符がつく商品が多い印象です。

これをamazonとかで購入前に見極めるのは至難の技です。レビューは当てになりませんのでご注意を。

iPad本来の薄さをキープできるから

これは背面をカバーするタイプではないからこその理由です。

どうしても背面をカバーしようとすると、折角の薄さが犠牲となってしまいます。

どうせ持ち歩くなら薄い方がいいですよね?背面は落としたりしない限り、簡単に傷ついたりしないです。たとえ、傷ついたとしてもジョブズもこう言っています。

傷ついたステンレスは美しいと思うけどね…

新製品が出るたびに売って購入するというサイクルが出来なくなりますが、1つの製品を長く使うというのも美学だと思います。

Apple公式品だから

まさにApple信者の理由とも言えます。

別にサードパーティ製の製品をすべて否定しているわけではありません。良い商品を作る会社もありますし、実際に私も使っている時もあります。

でも公式品をiPadにつけるのは、うまく表現できないのが悔しい限りですが、とても気分がいいものです。

ちょっと高い(iPad miniのsmart coverで税抜き4,500円…)ですが、品質は保証してくれます。少なくても磁石が強力なので、すぐ外れるということはありません。

スタンド機能が便利

カバータイプの製品ならどれでもスタンドさせることが可能です。

ただし!その角度は微妙に異なるものです。

おそらく角度的にほんの数度違うくらいですが、この数度がApple Pencilで文字を書く時や、動画視聴やタイピングの際に小さなストレスとなって襲いかかってきます。

この辺もsmart coverならば絶妙な角度を保証してくれます。

これは過去のiPadシリーズで証明されてきたところです。


注意点

画面のみのカバータイプのデメリットがないわけではありません。
特に次のような点は要注意です!

  • サイドボタンや電源ボタンなどは保護されない
  • 背面はカバーされない

公式に背面までカバーされる製品は「smart case」ですが、今回のiPad miniではまだ登場していません。個人的には重くなるだけなのでいらないと思いますが、仮にApple Pencil収納スロットがついていたら一考の価値ありですね。


まとめ

画像でご紹介すればよかったのですが、現在発注中でしてまだ手元に届いていないのです…

待てばよかったのですが、期待やワクワク感も込めて記事にしてみました。

実際に商品が到着して、特記すべき点があれば記事にしたいと思います。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です