【iPad mini】10日目レビュー!

どうも、すっかりiPad mini中心の生活になっているだっぴー(@duppyclub)です。

iPad mini 64GB Wi-Fi+Cellular スペースグレイ(2019、第5世代)を手に入れてから10日が経ったので、ここらで一回どういう風に生活が変わったかを備忘録的にも残しておこうと思います。

書いていて思いましたが、もうすっかりiPad miniに依存しているんだなと思い知りました。

では今回はこういう風に変わったよーって感じで軽めにいこうと思います。

iPhone8⇨iPad miniになって変わったこと5選

iPhoneを見なくなった

これは想定内でした。もとよりiPad mini4でサイズ感は把握していて、取り回しのよさは理解していたので、キビキビ動くiPad miniがきたらiPhone見なくなるんだろうなーとは思ってました。

実際にiPhoneでやることと言えば、電話とFastEver2でメモするくらいです。

FastEver2に関しては、iPad miniにもインストールしているので、そちらでメモすることも多いですが、サッと取り出してメモできるという機動力のよさはやはりiPhoneが優位かなと思います。

通知に関してはApple Watch series4があるので、そちらで確認です。基本的に通知はOFFにしているので緊急な場合を除いてチェックすることはないですが、Apple Watchのおかげもあり、通知があったらiPadで確認という流れができています。

iPhoneはすべてのデバイスをつなぐ役割を果たしているだけになっています。

電子書籍

どこでも読書。やはり重たい本を持ち歩かなくていいのは助かります。

本当は時間に制限あるときは紙の本で読書した方が記憶に残りやすいですが、本がどこでも読めるというだけでも良しとしましょう。

input系の作業をしている時は、スクショなどでメモを残せるので、紙の本よりも効率的なことも出来ます。

メモ

どこでもメモ。ひたすらメモ。

まさに!これを!期待していた!

Apple Pencilが対応したことによって、紙のメモ帳を持ち歩かなくなりました。これは大きいです。
以前はブログネタを書き溜めるのに、FastEver2や純正メモ帳を使って入力していましたが、これだとアイデア出しには結構キツくて、どうしても手書きでmind mapを書いていきたくて紙のメモ帳を携帯していました。

購入時に想定していた通りの働きです。

話はちょっとそれるものの、手書きアプリはGoodNote5を使っていましたが、完全にNotabilityに切り替えました。第六世代ipadの時にも感じましたが、やはりNotabilityの書き味はクセになりますし、追従性が半端ないです。

これだけでも元が取れるんじゃないかというくらい良い投資でした。

mind map

メモの項でも触れましたが、mind mapは私にとってなくてはならないものです。

これまでも紙のノートやメモ帳、iPadPro10.5インチで書いてはいましたが

  • iPad Proだと快適にかけるが、持ち運びに苦労する
  • 紙のノートやメモ帳だと、書いたメモを紛失するか、ノートの持ち運びが面倒くさい

といったことがありました。常々こう思ってました。

iPad miniでApple Pencil使えたらなぁ…

これが現実になったわけですから、もう最高ですね!!

特にブログ記事を書くための構成やアイデア出しなどの作業では欠かせないもので、毎回必ず書いてからブログ記事を書いています。

それだけではなく、読書ノートの記載や仕事上で考えをまとめるためにもmind mapは活躍しています。

mind mapについては今回は置いておきますね。

 

ブログ執筆

ブログを書く。ということに対してはあまり期待していなかったのが本音です。ですが、その取り回しの良さから、縦に持つとキーボードが打ちやすくキビキビ動いてくれるので、入力する手も進みます。

これは正直言って想定外だったことです。iPad mini4でも試してはいたのですが、なにせ動作がモッサリしていた為にイマイチやる気が出なくてiPad mini4では結果的になにもしていませんでした。

私のブログ執筆の順番は簡単にいうと

  1. Bearか純正メモで下書き
  2. Safari上のWordPressダッシュボードに添付して修正
  3. アイキャッチ画像の作成
  4. アップ

といった感じです。

以前はこの1と3の部分をiPadProで行なっていましたが、iPad miniでできないものかと模索していたところ

iPad mini + Magic Keyboard

で解決されました。やはりどこでも持ち運べて作業できるというのは想像以上に便利でした。

今日も温泉でiPad mini+Magic Keyboardで、昼頃に書いたmind mapを見ながらこの記事の下書きをしていました。そして、夜にSafari上で修正して公開しています。
なお、アイキャッチ画像はiPhone8で撮影して、iPad miniで修正してWordPressへアップ、そして公開といった感じです。

MacBook Proで作業した方が早いことは事実ですが、すべてiPad miniでも出来るんだということで、出張や旅行でも活躍することは間違いなしです。

まとめ

以前iPad miniの開封の儀のエントリでもご紹介しましたが、想定していたことはほぼ出来ている感じです。

意外だったのは、動画の視聴には使わないってこと。

Apple Pencilの書き味向上のため、画面にペーパーライクのフィルムを貼っていることもあり、Retinaディスプレイが持つ美しさを堪能出来ないのが一因かもしれませんが、完全なメモ機をして活躍しています。

やはりApple Pencilに対応してくれたのがとてつもなく大きいですね^ – ^(

また100日使い続けて、使用法にどのような変化があったのかレビューしていきたいと思います。

この記事を読んでいただいた方も、ぜひiPad miniをお持ちなら使い方を教えてください!
持ってない方はiPad miniを買いましょう!笑

iPadは生活を変えてくれる名機なので!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です