【考察】iPhoneにカバーや画面保護フィルムは必要なの?

どうも、車から降りる時にiPhone落としてしまい、iPhoneにも心にもキズがついただっぴー(@duppyclub)です。

のっけから、ネガティブな話題ですみません。
今まで水没は幾度となくあったのですが、落下でキズをつけるということは経験したことがなく、非常に複雑な気分です。

で、こう思ったわけです。

ケースや画面保護フィルムって意味あんの??

iPhoneにはケースも画面保護シートもつける派だったのですが、iPhoneXS MAXからiPhone8に戻してからは画面保護シートのみを装着するというスタイルで生活しておりました。(理由はケースの重要性_機能性の項にて)

今回、この不慮の事故に遭ったことでそもそもiPhoneにカバーや保護フィルムは必要なのか?と再考してみました。

  • iPhoneの装備について
  • 落下した(させた)状況
  • ケース(カバー)の重要性
  • 画面保護フィルム(シート)の重要性
  • 結論

といった内容で深掘りしていきたいと思います。

 

iPhoneの装備について

まずは装備から。

  • iPhoneXS MAX時  ⇨    ケース、画面保護共に装着
  • iPhone8(今回)   ⇨    画面保護装着、背面にビバヒーローを装着。

当初は100均一で売っているスマホリングをつけていたのですが、テーブルに置いた時にガタガタするのが許せなくなり、いいものを探していたところ、「ビバヒーロー」という最高のツールを見つけ、それからiPadなどにも装着しています。

ビバヒーローに関しては今回は全く関与しないので、またの機会にご紹介させていただきます。

落下した(させた)状況

これは冒頭にも書いたとおり、車から降りようとしたときですね。

スウェットのポケットからスルスル〜と落ちていって、見事に液晶側から落下。約70cmの高さから落下。
よくある状況といえばそうですが・・・
幸運?にも角から落ちて、画面に全重力がかかることはありませんでしたが、画像のようなキズを負ってしまいました・・・

そこまで大きなキズってわけではないですが、私の心を折るには十分なキズとなりました・・・

ケース(カバー)の重要性

ここで考えさせられたのは

ケースつけとけば防げたんじゃない??

ということです。

しかし、ケースをつけると軽量化という観点では許しがたい。
でも、落下でキズをつけるのは…という葛藤。

カバーやケースに問われるのは以下のことかと思います。

  • 機能性
  • デザイン性
  • 耐久面

これらをちょっと深掘りします。

機能性

ケースをつけると確実に本体のサイズが大きくなります。ただでさえiPhone5以降大型化が進んでいるのに、これ以上大きくなってどうするんだ!と言いたくなりますが、ケースの中には超極薄のケースも存在します。また、リング一体型のケースもあります。
(私はケースで大型化されるのがとにかくイヤなので、前述のビバヒーローというツールを装着して使用しています。この製品をつかうとテーブルにおいてもカメラ部が触れない上に、シリコン製なので滑り止めにもなります)

本体サイズが大きくなっても、こういった機能性を高めるケースであれば許容範囲かと思います。

デザイン性

これはもうiPhoneにケースをつけている時点で、Appleが考え抜いたデザインを否定しているワケで・・・

できるならiPhone本来の姿・形と共に生活したいわけであります。

かういう私も以前は好きなキャラクター(ダッフィー)のケースをつけていたりと、全くもってAppleの意に反していることをしていましたが、ここ最近(iPhone6〜7くらいから)はAppleも公式にケースを販売したりと、デザイン性を損ねることには寛容なようなので。

この辺は完全に好みの分かれるところでしょう。

耐久面

これは確実にケースを付けていた方が向上する項目です。

ケースをつけていれば100%耐えられる!ってことではないですが、もしかしたらケースをつけていれば身代わりになってくれた可能性もあるので、耐久面を考慮するなら確実につけておいて損はしないでしょう。

 

画面保護フィルム(シート)の重要性

保護フィルムは結構前からいる・いらない論争があるくらいなので、賛否両論だと思います。

画面割るとAppleCareに入っていない場合、3万とか修理代がかかる場合もあるみたいなので、結構慎重になることが多いかと思います。

しかし、9H級の保護ガラスをつけていても、画面割れたっていう方もたくさんいますし、逆になにもつけないで綺麗な状態を保っているという方もいらっしゃるみたいで。

そもそもiPhoneに搭載されている画面ガラスって相当硬いもので、基本的にはキズつかない仕様と謳っています。しかし、それは鋭利なもの(ナイフとかカッターとか)で実験した結果であって、日常使いでの想定がなされていないように感じます。

どうやらTwitterやネット検索で調べると、日常的に使っていると細かい砂や目に見えない物質によってキズつくことがあるみたいです。

  • 画面が割れるのを防ぐ!って目的なら「うーん…」
  • 細かいキズを防ぐ!って目的なら「いいかも」

って感じですね。

なので、守りにはいるなら画面保護フィルムはつけておいて損はしないと思います。
(ただしちゃんとしたものを選ばないとタッチやスワイプなどの操作に影響がでます)

 

結論

『ケースもフィルムもいらないんじゃない?』

・・・お前はなにを言っているのかと思われたと思います。最初に心にも傷ついたって言ってたじゃない!!
いや、これだけなんやかんや御託並べといて自分でもそう思います。

いろいろ考えましたが、ここからその理由をあげていきます。

これはあくまでそのiPhoneをずっと所有していく前提です。売却して次のiPhoneを購入するとか、iPhoneXS系(どうやら傷つきやすいみたいですね)を使用している方は少なくても画面保護くらいはつけておいた方がいいと思います。

ケースはつけていなくても、気をつけて使っていればあまりキズつかないですし(実際、iPhone7を売却するときに満額で売れましたし)最低限、画面さえ守れればいいかなって感じです。

 

じゃあ、なんでケースもフィルムもいらないかと主張するかというと、理由は4つあります。

  • Appleの努力
  • スティーブ・ジョブズの言葉
  • simple is best
  • コスト面

これらについても少し掘っていきます。

Appleの努力

iPhoneの歴史を見れば一目瞭然ですが、AppleはiPhoneを小型化あるいは美しいものにしようと毎年アップデートした製品を発表し続けています。

ほんとここ1年くらいのAppleについては、SamsungのGalaxyやHUAWEIのP20など大型スマホの波の飲まれるように負けじと大型化を進めてきましたが、本来はいかに小型で他に真似できないような製品を作れるかというところに主眼を置いていたはずです。そして画面も傷つきにくいガラスにしたりと、ユーザーファーストで考えてくれています。

これらの努力に敬意を評して、iPhone本来の魅力やフォルムで生活するというのがいいんじゃないかということです。

スティーブ・ジョブズの言葉

傷ついたiPhoneを見て悲しい気持ちにはなりましたが、同じ経験をした方がたくさんいらっしゃると思い、ネットでいろいろ検索していたときに出逢った言葉があります。

インタビュアーの取り出した”ケースのついたiPod”を見てジョブズはこう言ったというのです。

傷ついたステンレスは美しいと思うけどね…

傷すらもその製品の魅力と捉えてしまうジョブズの感性には敬服するばかりです。

iPhoneの生みの親にこう言われたら、そうするしかないでしょう!

simple is best

ケースもフィルムもつけないということは、素のiPhoneを楽しめる・体感できるということ。

お店で見るiPhoneって、やけにキレイだなーと感じませんか?

これってなにもつけていない状態だからなんです。

simple is best

何事にも共通する真理ですね。

コスト面

ケースも、フィルムも、それ相応のものを揃えようと思ったら結構出費がかさみますよね?

下手すると5,000円こえてくるのではないかと思います。

ここに5,000円かけるくらいなら(もちろん下取りに出さない前提で)AirPodsやiPadを購入する資金に充てたいですし、そうすべきだと思います。いや、お金に不自由しない、どうしてもケースつけたいんじゃー!!って方は別ですが、コストがかさんでしまうのは事実なので。

iPhoneなんて、iPadが存在する現状ではただの「連絡ツール」でしかありません。
ゲームやちょっとした調べ物するなら、いまやiPad miniという最強デバイスがありますし、そもそも電話やLINEをするくらいならiPhoneでなくてもよくて、安いAndroidスマホでもいいと思います。

なにが言いたいかというと、iPhone本体に5,000円投資するなら別ですが、傷つかないようにするためだけに(しかも100%守れるとは限らない)5,000円をかけるのはもったいないかなということです。

まとめ

散々偉そうに述べた割には最終的には「なにもつけなくてもいいんじゃない?」という結論となりました。

なので、今回からiPhoneはケースも画面保護もしない方針で過ごしてみようかと思います。

もし傷がついてしまったとしても、そのiPhoneは世界で1つしかない、OnlyOneなiPhoneだからです。
(かっこいいこと言ったかもですが、1回キズつくと心理学でいうところの「どうにでもなれ効果」が発動すると思うんです。ようは1回キズつけばもう気にしなくなるという…)

最近のエントリにしては結構な長文になりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!

傷つくのが前提ではないですが、ぜひ、あなたもステキなiPhoneを作りあげましょう!!

 

 

Follow me!




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。