【開封の儀】ついにきた。iPad mini(2019)!

てっきり更新をサボり気味だっただっぴー(@duppyclub)です。

つい先日、iPad mini4はまだまだ現役だぞー!というエントリを書こうかと思っていた矢先に、iPad mini(2019、第5世代)が発表されて

え?え?mini終わってなかったの???

となっていました。

で、iPad miniユーザーとして買わない理由はなく、早速購入したわけですが、まずは例に漏れず開封の儀と行きたいと思います。

前半で自己満足的な開封の儀。後半で期待することをまとめていきたいと思います。

ではいってみましょう!

いざ開封!

美しい外観

いつ見ても美しい箱。

購入モデルはWi-Fi+Cellular 64GB スペースグレイ。

やはりiPad miniの真価を発揮するにはCellularモデル。

ここは毎度お馴染みのACアダプターとlightning cable。

「こんにちわ」はい、こんにちわ!

写真だと伝わりにくいですが、iPad mini4のときはベゼル周辺がシルバーだったのに対して、iPad mini(2019)だとブラックになっています。(スペースグレイの場合)

よりスマートな印象になり、個人的にはナイスなアップデートだと思います。

これから使い倒すぞー!

想定利用シーン

ここからは現時点で想定している(期待している)利用シーンをあげていこうと思います。

特に今回の新型iPad miniはApple Pencil(第一世代)対応となったことが最大のトピックだと思います。

そのApple Pencilがどういう風に活躍するのかも見物です。では見ていきましょう!

その1:Apple Pencilで手書きアプリの利用

手書きアプリはiPad Pro10.5インチを購入した時から様々なものを購入しました。

現在使用しているのはGoodNote5やNotabilityで、これらでシーンごとに使い分けをしています。

素早い速記を求められる時は追随性の良いNotability。まとめたい、手書きノート的な役割を求める時はGoodNote5。
この辺の細かい話は完全に主観となってしまうので、どっちがいいとかはないかもしれないです。特に最近のアプリは作り込みがとても素晴らしいので、ことApple Pencilの使い勝手に関しては有名ところのアプリだとそこまで大きな差はないかなと思います。

このApple Pencilを使うってことが今回のiPad miniで一番期待しているところなので、どのくらい生活に溶け込んでくれるかが楽しみでもあります。

 

その2:動画の視聴

最近はYouTubeやニコニコはiPhone8で見ることが圧倒的に多かったので、この部分をiPad miniがどこまで担ってくれるかが期待するところでもあります。

本当は防水対応になってくれれば、お風呂で動画視聴もできたのですが、それは仕方ないと割り切ることにして・・・

でも、なんだかんだ言ってiPhone8で動画再生しながらiPad miniで手書きインプットしてそうな気もする・・・

 

その3:ブログ更新

このブログの下書きはiPad ProでBearやWordPressの公式アプリを使って書いて、細かいところをMacBook ProからSafari上で修正していました。

この流れは変わらない気もしますが、iPad miniに期待していることとして

iPad mini  x Magic Keyboard の組み合わせです。

やはりiPad miniの7.9インチというサイズ感は最後のモバイル性がありますし、「いつでも、どこでも」ができるデバイスだと思います。

以前はこの役割をiPhoneXS MAXにさせようとして、中途半端に終わってしまいましたが(実は最近またXS MAXに戻しかけたのは秘密です)iPad miniならば視認性もいいですし、なによりiPad mini4からディスプレイもよくなり、疲れないんじゃないかという期待もあります。

この辺はいろいろなシーンで試してみてみないとわからない部分ですね。

 

その4:仕事

職種的に比較的画像を使った勉強会やプレゼンをすることがあり、その際にKeynoteを使っています。

iPad mini4では結構カクついたりして、「キツイな〜」と思うところが増えてきたので、今回のA12チップ搭載というのはとてもいいアップデートとなりました。RAMも増えているみたいですし、細かい動きにも期待です。

仕事上、管理職となってしまったこともあり、職場でプレイヤーとしてより、マネージャー的な仕事が増えてきたのも相まって、よくmind mapを書く機会が増えました。

これまではA4用紙に書いて、それをカメラで撮って保存・・・という流れだったのですが、それだと追記できないですし、なによりカメラで撮る手間が面倒臭いと思っていました。

じゃあiPad Proで最初から書けばいいのですが、10.5インチという大きさはサッと書くには大きすぎて、そして重い。

それに対してiPad miniならサッと出せて軽い(約200g。ケースつければ重くなりますが持ちやすさは不変です)

このようにちょっとしたメモも、意外なときに生きてくるので、どうしてもデジタルで保存しておきたいというのがここ最近の課題でもあり、願望でもありました。

この期待を満たしてくれるのが、iPad miniだと思います。

 

その5:電子書籍

これも大きな役割を果たしてくれるのではないかと大いに期待しています。

主にKindleを使っているのですが、電車などではiPhone8や、以前ならiPhoneXS MAXで読んでいました。

それはそれで抜群のモバイル性で便利だったのですが、縦に長いというのが気がかりでした。

iPad miniのアスペクト比は4:3。このレートは文庫本に近いサイズ感で、紙の本で読むのと大きな違和感は感じないことはiPad mini4でも経験済みでした。

iPad mini4はまだまだ現役だぜー!ってエントリを書こうと思った理由の1つもこのアスペクト比であり、電子書籍との親和性の良さでした。

そしてTure Tone対応となったことで、自然な発色が可能となり、有機ELディスプレイほどではないにしても、比較的眼精疲労は防いでくれるのではないかと。この辺も嬉しいアップデートですね。

 

まとめ

今回のiPad mini(2019、第5世代)は外観こそほとんど変化がないですが、中身は大幅アップデートとなっています。

2015年にiPad mini4が発売されてから約4年間、噂が出ては消え、期待だけ煽られてきました。そうiPhoneSE2のように。

そんな感じだったので、半ば諦めていたのですが、ここ最近のiPhone不振もあってAppleさんも考え直してくれたのでしょうか、万人受けするデバイスを発表してきましたね。

本音はもっと革新的なことをやってほしかったってのもありますが、ここ最近のAppleさんにしてはこれで良かったとも言えます。
(Apple Pencil第二世代やFace IDへの対応してほしかったですが、これやるとコスト半端じゃなさそうなので庶民には助かったところでもあります)

今回はこの辺でまとめて、この先もiPad miniのレビューや利用法などをご紹介していければと思っています。

Follow me!

【開封の儀】ついにきた。iPad mini(2019)!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です