【注意!】カバート・アグレッションとは?

どうも嵐の活動休止報道で仕事もプライベートもやる気が出ないだっぴー(@duppyclub)です。

はぁ…これで木曜夜と土曜夜に見る番組がすっかりなくなってしまうのかと思うと憂鬱で仕方ない…

さて、今回は「カバードアグレッション(covered aggression)」というテーマです。

この意味は後述するとして、なぜ今回この話題を持ち出したかというと、嵐の会見時に「一方で、無責任だという声もあると思うんですが」と雰囲気ぶち壊しの質問をした記者さんがいましたね。

ワタクシ、もうこれにイライラしてたわけですよ。なんでメディアの方(いや、中にはいい人もいると思いますよ)は話題性を集めるために無意味な質問や嫌がらせかと思われる質問をするのかと。もはやサイコパスなんじゃないかと。

そうモヤモヤしていたらメンタリストのDaiGoさんYouTubeで「いい人のふりして攻撃してくる人の撃退法 カバードアグレッション」と題して、その記者さん(大枠でメディア関係者を対象としてましたが)を一刀両断していてとても痛快でしたので、メモとして残して置こうかと。

普段のニコニコ放送から芸能界の人たちのことはあまり良く言わないDaiGoさんが「嵐さんは本当いい人たちで〜」と絶賛していたので、本当に良い人たちなんだと。

アラシックまでいかないファンですが、なぜかこちらまで嬉しくなってしまいました(笑)

そこはさておき、カバードアグレッションとは?どんなものか見ていきましょう。

どんな意味?

直訳すると「隠れた攻撃性」って感じでしょうか。

つまりこれを言い換えると「良い人のフリをして攻撃してくる」ってところでしょうか。

今回の嵐会見での問題となった記者さんは「無責任だって声もあると思うんですが」と質問していました。

一見、言葉使いがよろしいようですが、内容は攻撃的です。

そもそも、その「声」って誰が言ってたんですかね?何人が?どんな状況で?質問した母数は?

いっつも思ってるんですが、メディアって自分たちに都合のいい数字しか使わないですよね。よくニュースで使われる「〜っていう声も」ってのは何の信頼性もないデータじゃないかと。(エビデンスやデータあるならしっかり出してほしいですね)

つまり、その声ってのはだれでもない「…つまりあなたがそう思ったんですよね??」ってことです。

ましてやメディア関係者は情報提供者を守るために、情報の出所は言わないので、こういう言い回しになるんだとおもいます。

こういう風にいいように見せかけて、攻撃してくる人のことを『カバードアグレッション』といいます。

どんな特徴がある?

カバードアグレッションは結構厄介です。

特に次のような特徴がある人には注意かもです。

• 都合のいいところだけ忘れる。都合が悪くなると無知や混乱を装う。

• 否定はしない。しかし誤解させる、あるいは生ませるウソをつく。ちょっとのウソだからタチが悪い。

• ワーっと怒るだけでなく、相手をコントロールして上の立場を取ろうとする。

• 自分のことは棚にあげる。そして矮小化する。このやり方も巧妙なのでタチが悪い。

ざっとこんな感じでしょうか。

でもこれを見ておもったかもしれませんが、こういう人結構いませんか?

あるいは、自分も全部でなくても当てはまるところありませんか?(自分もあえてやってることもあるものもありまして焦りましたw)

あくまで傾向なんで、絶対ではないってことは注意かもしれませんが、こういう人たちに対する対抗策は知っていて損はないと思います。

ではどうやって対抗するかというと・・・

対抗策その1 ラインコントロール(線引き)

まずは自分の中でどういう時にこうして、ああしてってことを設定しておくことが重要です。

そして具体的に文章にしておくこと。

どんな項目を設定するかというと

• 自分の限界、そしてそれを超えてきたら?

• 相手に求めているもの

• 窮地に自分をサポートしてくれるひと

まずはこのへんですね。

で、実際に相対したときには

• どういう風に自分をコントロールしようとしてきているか?

• 相手が反発してきたらどう出てくるか?相手に乗ったらどういう反応を示すか?

と一歩引いた視点で見ておけば簡単にマウンティングされることがなくなります。(これが咄嗟にできたら苦労しませんが)

これを知って意識するだけでも違いが出てくるのではと思います。

対抗策その2 無視!

これが一番効果的かもです。

カバードアグレッションに対しては、ちょっとでも譲ったら終了です。もう相手の思うツボ。みるみるうちに理詰めされます。

そう、やつらは頭がキレるんです。なので、解釈とか意図というものはいくらでも正当化出来てしまうんです。ロジカルに説明や解説されると、その能力以上に頭が良く見えてしまう現象ですね。

対抗策その3 ストレートに対抗

カバードアグレッションはその性質から、会話にちょいちょいウソや遠回りをしかけてくるので、ストレートな質問は苦手としています。(この辺が思い当たる節があるひとは後述の改善方法で修正しましょう)

なので、もうここはダイレクトに「はい」「いいえ」で

答えられるものをぶつけましょう。

対抗策その4 引き分けに持ち込む

カバードアグレッションは負けを嫌います。

負けそうになると逆ギレを起こし、さらに厄介になること間違いなしです。

ならば、自分にとって何としても守りたいところ、譲れないところ以外は相手に譲ってやりましょう。

要は顔を立ててプライドを守ってやればいいんですね。

なんだか腑に落ちない部分もありますが、肝心なのは自分に被害が出ないことです。自分を守りましょう!

もしも自分がカバードアグレッションだと思ったら…?

まずは自分がそうかもなと思わないと始まらないことですが、打つ手はあります。

効果的なのは

• 運動

• 瞑想

• セルフエフィカシーを高める

つまり自己コントロール力を向上させることが大事です。

カバードアグレッションは気をつけないとハラスメントの原因ともなってしまうので、特に管理職や組織をマネジメントをする方は特に注意した方が良さそうですね。

今回のまとめ

意外と身近にいることも多そうな感じがしたと思います。

自分の結構その傾向が当てはまる…って方もいらっしゃると思いますが、重要なのはそこを把握して改善していくことだと思います。

改善することを習慣化したいとかだったら、「後輩を叱る時になったら、一度冷静になって客観的になってみる」などIFーTHENプランニング等の習慣化のテクニックも使えそうですし、できることは多そうなイメージです。

このカバードアグレッション。メンタリストDaiGoさんがYouTubeやニコニコで取り上げてくれたおかげで、とても認知度が高まったと思います。

反面、DaiGoさんのニコニコ会員数は約7万人(!)もいらっしゃるので、周りにこのカバードアグレッションというものを知っている人もいるかもしれないことを考えると、やはり自分にそういう傾向があるなら改善することに越したことはなさそうです。そう思われたくないですしね…

ちなみに改善方法として自己コントロール力の向上を挙げていますが、運動や瞑想はいろんな方面でいい効果を示すことがわかっているので、積極的に取り入れていきたいところです。

今回はイレギュラーな感じで話題を取り上げましたが、個人的に嵐に攻撃してきた記者が許せなかったんでしょうね…(超個人的な感想)

そろそろアップル関連の記事、全然上げていないのでそろそろアップしようかと思います。

参考:メンタリストDaiGo「心理分析してみた!」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です