【要注意!】腸内環境が悪いとこうなるぞー!どうすればいいんだーって話

最近、風邪&胃腸炎で苦しんでいるだっぴー(@duppyclub)です。

みなさんは、腸ケアしてますか?

ただ「腸」を「ケア」するだけなんですが、世には腸ケアサロンなるものも存在するくらい注目されているんです。腸は「第二の脳」とも呼ばれるくらい大切な臓器なんです。

そんな大切な臓器の状態が悪いと不健康になることは想像に難くないと思います。では実際に腸内環境が悪いとどうなるか。今回はその症状をまとめてみました。

実体験 : 私はこんなことが起きましたが・・・

急な腹痛や嘔吐で「なんでこうなった?」なんて考えている余裕は全くない、苦しんでいるイベントなのであとから思うことなのですが、まずこんなことが考えられます。

  • なんか胸焼けする、すっきりしない感じ
  • だいたいお酒のんだあとか、数日後
  • お腹張っている期間が長かった

などですね。これらが因果関係があるかどうかは、色々な研究などで証明されていることでもあるので、正しいとは思いますが、症状が幅広いんですよね。

なので実体験から得られる情報はあくまで参考程度にした方がいいかと。

やはり研究などで明らかにされているものを頼った方がいいですね。

その1 消化不良

ではここからは腸内環境が悪いとどうなるか?と研究などで明らかに、あるいは考えられているものを挙げていきたいと思います。

まずは消化不良。これは基本的にこうなりますよね。便秘に下痢。その辺は日常茶飯事という感じですね。

これは対症療法的に市販薬で防げるものでもあるので、あまり深刻なことを考えることないかもしれないですが、長い目で見れば怖いことになります。

ゆえに市販薬でしのいでも、一時しのぎにしかならないですね。

その2 メンタル不全

冒頭で「腸は第二の脳」とお話ししました。

最近の研究では腸内環境が悪いとメンタル不全(うつ病や不安など)につながるよーってことがわかってきたりしています。

怖いところでは、強迫性障害(聞きなれないのでコチラも参考に)や自閉症などにも関連してくるみたいです。

なんだかスッキリしないなぁ・・・って感じの方はもしかしたら腸内環境が原因かもしれないですね。

その3 アレルギー出現

アレルギーといってもたくさん種類がありまして。

どのアレルギーがでてくるかはイマイチはっきりしたデータが見つからないんですが、腸内環境の改善=アレルギー改善っていう方も一定数いるみたいなので関連性は確かなのでしょう。

アレルギーってのは結局は炎症の一環なので、とくに不思議な感じもしないんですが、慢性化しやすいものでもあるので防げるものなら防ぎたいですね。

じゃあ何に気をつければいいの?

症状については、もっと調べたら出てくるんですが、腸の研究は日進月歩で全部を書き出したらとんでもないことになってしまうので、「思い当たる症状+腸内環境」でググった方が早いかもしれないです。

でも、腸内環境を良い状態に保つ方法は意外とシンプルで、簡単に実践できるものとして・・・

  • ストレスを減らす
    これはよく言われるやつです。ストレスってなんでも原因になるし、どの疾患の原因にもなりえるくらい怖ーいやつなんです。ただ、絶対悪かと言われればそうでもなく・・・この辺は今度まとめようかと思います。
  • 抗生物質などは使わない
    薬の何が悪いんだー!と言われそうですが、腸内には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見(ひよりみ)菌」っていう菌に大別されます。

細かい種類でいうと、100種類以上いて、その合計の数ではなんと100兆個とも言われています。

人間の細胞が最近の研究で約37兆個とも言われていますので、それよりも多いんだとなりますけどね・・・
(昔は全細胞数60兆個とも言われていて、UVERworldの「コロナ」という曲でも「60兆の〜」とかだったので、好きな方は誤解されているかもしれないですね)

で、抗生物質はその細菌たちをやっつけてしまうんですね。良い働きをしているやつもいるのに。

腸内細菌にしたらなんとも理不尽な話ですよね・・・。

  • すべての万能薬「睡眠」
    これはメンタルもそうですし、集中力もそうです。人間はしっかり自分にあった睡眠を取らないとベストパフォーマンスがだせない生き物なんです。

腸内環境の改善をしよう!と思い立っても、睡眠不足で、そもそも目の前の誘惑に負けてしまって腸に悪いことをした…なんてことにも繋がってくるくらい、睡眠不足はあらゆる角度から私たちの身体を攻め込んできます。

なので、ここは絶対に外せないポイントでしょう。

自分にあった睡眠って?ことは、ググってもわかりますが、その辺も今度自分のメモ用としてもまとめておきたいんで、後日アップしていければいいかなと思っています。

まとめ

今回は簡単にまとめてみましたが、腸っていう臓器は恐ろしく奥が深いもので、だからこそ大切な臓器なんだと思います。

ちなみに腸って一括りにして話していますが、実は《十二指腸〜空腸〜回腸〜上行結腸〜横行結腸〜下行結腸〜S状結腸〜直腸》という区切りがありまして、それぞれ働きが異なるんです。

食物の消化に関わるのは主に上行結腸以降なので、この辺の話をしているんだなーくらいで思ってもらっていいと思います。

とにかく腸内環境が悪いかも・・・と思い当たったら、特に睡眠やストレスには気をつけておけば、少なからず改善が見込まれるはずです。

私自身もこのブログを書きながら夜遅くなってきたので、睡眠をしっかりとることにします。

ではみなさんも、良い腸内環境ライフを!

Follow me!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。