iPhoneXSシリーズは”目に優しい”

前回のdaily logでiPhoneXS MAXを購入しようかどうか、もう訳のわからない文章でしたが、苦悶の状況がお伝え出来たかと思います。

で!結局、その勢いでその後あっさりとApplestore onlineのカート内にあったiPhoneXS MAXをポチッと買ってしまいました…

到着まで楽しみすぎるー!!

到着までワクワクな訳ですが、台湾の国立清華大学での研究で「iPhoneXSのディスプレイは目に優しい」との結果が出ています。

台湾の国立清華大学が、新型iPhoneについて大きな改善点を発見したことを明らかにした。国立清華大学によると、「XS Max」のOLEDディスプレイは、従来のiPhoneに搭載されている液晶(LCD)ディスプレイよりも眼に優しいことが科学的に証明されたという。

テストでMPE(最大許容露光量)を測定したところ、XS Max346秒と、iPhone7288秒を20%以上も上回ったという。MPEは、スクリーンを見ることで網膜が炎症を起こすまでの時間を意味する。

MSSMelatonin Suppression Sensitivity)スコアについても検証したところ、XS Max20.1%と、iPhone724.6%を下回ったという。MSSは、ブルーライトによって眼の細胞が受けるダメージを測定する指標だ。

つまり、iPhoneのヘビーユーザーにとっては、OLEDディスプレイを採用したXSXS Maxの方が目の健康に良いことが証明されたのだ。廉価版のXRが、コスト削減のために新モデルの中で唯一LCDを採用したことを考えると、非常に興味深い調査結果だと言える。

引用:https://forbesjapan.com/articles/detail/23360

元々、疲れないと言われていましたが、しっかりとした研究結果が出てくるのは信頼できますね。もっとデータが欲しいところではありますが、OLEDディスプレイの有効性が示された1例と言えるでしょう。

ただ、ブルーライトについては、この記事に限らず悪者にされている傾向がありますが、実はそうではないんです。

この光は基本的には、人間の集中力を上げたりする効果があることがわかっています。じゃあこんなにも悪者扱いなのかというと、同時に活性度も向上されるので、夜に浴びると寝れなくなってしまうということからなんですね。これは様々な文献・論文で明らかになっています。

昼間と夜間で効果が違うことも面白いところですね。

昼間にブルーライトを浴びると、疲労感などが減少する、集中出来るなどの効果があります。なので、巷売られているブルーライトをカットするメガネ。あれ、使い方によっては集中力や生産性を落とすことにも繋がりかねないかと。もちろん、日光などの眩しいくらいの光を遮光する目的で使用するのはアリですが、ブルーライトをカットする意味はあまりないんじゃないかということが言えそうですね。

夜間にブルーライトは、睡眠に悪影響ってことは広く知られていますよね。ただ眠れないとかだけではなくて、睡眠の質が下がるってことは、睡眠中に分泌されるホルモン活性や分泌率が下がるということ。

ここで一番の問題となるのは、特にダイエットをしている人ですね。間接的な脂肪分解作用もある成長ホルモンの分泌が下がるということは、雑な言い方ですが、太りやすくなるらしいです。

ブルーライトネタは結構奥が深いですが、とにかくうまく使えってことですね。

Follow me!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。