SQ4R読書術(SQ4R method)

本を読む。その目的とは?

本を読む目的ってなんでしょう?

それぞれだとは思いますが、大体は小説などの「楽しみ」な部分とビジネス書などの「学習や知識吸収」に大別されると思います。

小説などは楽しみながら読むものなので、特に読むスキルはいらないですが、ビジネス書や自己啓発本となると少しでも知識を吸収したいので、どうしても覚えたくなります。

でもそれは余程の天才か記憶術の達人でないと無理です!

では普通の人が少しでも知識を吸収するにはどうしたらいいのか?

それは、読書術というスキルを使うほかないのです!

ということで、今回は数ある読書術から「SQ4R method」というもの自分のメモとしても残しておきたいと思います。

SQ4R methodとは?

これはウォータールー大学(カナダ)によるもので、実際に同大学の学生向けにマニュアルも出しています。

この読書術は一見遠回りな感じもしますが、最終的に身につけている知識量や質を考えれば、近道になっているのです。

ただ人によっては、2つ目のステップで挫折するかもしれません。

でも、これさえ乗り切れば楽しいことだらけなので、頑張りましょう!

S:サーベイ(調査)

まず目次から、その本についてチェックします。

どんな構成て、文章メインなのか?図表はあるのか?文字の装飾などはあるのか?など

どこになにが書いてあるのかと知っておくことが重要ですね。

つまり、その本の「攻略法」を探す作業です。

重要なのは「興味を持続させる」ことなのです。

Q:クエスチョン

これがこの読書術のキツイ部分であり、最も重要な部分。

目次に書かれていることを「質問形式」に書き換えるのです。

「XXとはYYである」 → 「XXとはYYなのか?」といった具合で十分です。

これは人間の心理を応用・利用した方法で、人間は疑問に対して自然と答えを探してしまう生き物なのです。実に理にかなってますね。

そして、一旦質問を作ってしまってからいよいよ読書を始めます。

読み終えてから、作った質問に答えていきます。

*質問にするということは必ず回答するということなので、何に書き写しておくのかは結構重要な気がします。(私の利用しているものは後述します)

4R

Read、Respond、Record、Reviewのことです。4つのRで「4R」なんですね。

Read

Readは文字通り「読む」ですが、ただ読むのではいわゆる受け身で読むことになるので、ここでは答えを探すように読むのがコツです。そして大雑把でいいので答えを書き出していきます。

これはメンタリストDaiGoさんも紹介している方法なのですが、DaiGoさんは「科学的に正しい読書方法は能動的な読書」とおっしゃってました。さすが師匠!!いいこと言います!

Respond

Respondは「自分の言葉に置き換える」意味で使っています。
難しい表現だと、どうしても自分の中に落としきれない部分が出てきます。
難しい表現を覚えていくのも読書の醍醐味かもしれませんが、それはあとで必ず付いてきます。ここではしっかり自分の中に内容を落とし込むのが重要です。

自分なりの答えを具体例をあげてみることが記憶の定着につながります。
ああかな?こうかな?くらいで十分なので、自分の考え(答え)を持ちましょう。

Record

Recordは「答え合わせ」という意味ですが、Respondで挙げた具体例に答え合わせをしていきます。ツッコミを入れていく感覚でいいと思います。その方が楽しいですし。

わからない箇所も、わかった箇所も含めて全体を通して読むことも大切です。

わからなかった箇所だけでも十分そうに思えますが、理解力の向上にはさらに一回通して読んだ方がいいこともある研究で明らかになっています。

Review

Recordは「復習・見直し」という意味です。ここまでの結果を踏まえて、本に書いてあることと、自分の捉え方の誤差を修正していきます。この作業には目次を見直してみることも含まれています。

ちなみに1週間に1度復習することも推奨されています。

さっそくやってみよう!

私自身も今まで様々な読書術や速読術を試しました。

そもそも速読術は「読み飛ばす」ことで成り立っているので、内容を定着させることには向いていないんじゃないかと思っています。読んでも内容を生かせないようなら読んだ意味ないですからね。

そこで色々模索してところ、このSQ4R読書術に出会いました。

はっきりいって「目から鱗」とはこのことでした。

内容が今までの比じゃないくらい自分で消化できているのが実感できたのです。

「頭の作りが違う」「そもそも才能があった」とか思われるかもしれないですが、そんなことはありません!

そんなスペシャルなモノを備えていたなら、もっと別の仕事につきましたよ・・・

今の職業も日々勉強ですが、この読書術を使ってからは、知識吸収効率がぐーんと上がったので、今までチャレンジ出来ていなかったジャンルの本も読もうと思えるようになりました。

みなさんも、一度騙されたと思って試されてはいかがでしょうか?

合う合わないはあると思いますが、グータラな私でも出来たのです。

絶対、いまの方法より吸収できるはずです!

おまけ

書き出した媒体はいろいろ試しましたが、今現在一番いいなーと感じているがコレ。

i thoughts(App Storeへのリンク出し方法がわかりませんのでご検索願います)

いわゆるmind mapアプリなのですが、有料でありますがクオリティは高いです。

復習もしやすいですし、質問も作りやすいです。

今度、アプリレビューでもしてみようかと思います。

あまりこのアプリを紹介しているページも少ないので。

参考:メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」http://ch.nicovideo.jp/mentalist

Follow me!




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ライフハック大好き30代のパパ。 基本エビデンスないものは信じない!ってスタンスですが、良いものは良いと紹介していければと思います。 Apple製品には365日触らない日はないです。むしろ触っていないと落ち着かないApple中毒者です。 ライフハックやApple製品のことに限らず、色々な情報を発信していきたいなと考えております。